Reshader

JavaScript

カラーの濃淡を得ることができるJavaScriptライブラリ「Reshader」

Reshaderは、カラーの濃淡を得ることができる便利なJavaScriptライブラリです。指定した任意のカラー値を基準にして、そのカラーより薄い色から濃い色までのカラー値を取得することが可能です。オプションも用意されているので、カスタマイズ性も高いライブラリに仕上がっています。

Reshader

デモ

Usageという項目がある場所に、カラーコード(hex)を入力するボックスが用意されています。デモページ読み込み時には「#6EEB83」という値が指定されていて、その下には指定したカラーコードを基準にして作られた濃淡の異なるカラーとカラーコードのリストが表示されています。

ボックス内に好きなカラーコードを入力すると、リアルタイムで反映されます。特定の色を元に濃淡の異なるカラーコードを取得したい場合にはとても役立つ機能ですね。

また、APIではcolorとoptionsのセッティングができるようになっています。colorには先ほどのhexのほか、rgbやhslでの指定も可能です。

optionsには、numberOfVariations、contrastRatio、outputModel、shouldIgnoreRepeated、shouldIgnoreWhites、shouldIgnoreBlacksといった項目があります。

多彩なカスタマイズを施せるのも、このJSライブラリの魅力になっています。

Reshader

関連記事

  1. jQuery Section Navi Plugin
  2. jQueryを使わないコード集

    JavaScript

    jQueryを使わないでコードを書くTips集

    jQueryを使えば簡単にできることがたくさんあるんですが、ちょっとし…

  3. jQuery Glow
  4. jQuery touchSwipe Carousel
  5. no-image
  6. Viewer

    JavaScript

    画像の拡大や縮小、回転などができるイメージギャラリー「Viewer」

    Viewerは画像の拡大や縮小、回転、上下左右の切り替えといった機能を…

最近の記事

  1. Waterlogue
  2. macOS Mojaveのダークモード
  3. Olli
  4. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)

Facebookページ

PAGE TOP