Reshader

JavaScript

カラーの濃淡を得ることができるJavaScriptライブラリ「Reshader」

Reshaderは、カラーの濃淡を得ることができる便利なJavaScriptライブラリです。指定した任意のカラー値を基準にして、そのカラーより薄い色から濃い色までのカラー値を取得することが可能です。オプションも用意されているので、カスタマイズ性も高いライブラリに仕上がっています。

Reshader

デモ

Usageという項目がある場所に、カラーコード(hex)を入力するボックスが用意されています。デモページ読み込み時には「#6EEB83」という値が指定されていて、その下には指定したカラーコードを基準にして作られた濃淡の異なるカラーとカラーコードのリストが表示されています。

ボックス内に好きなカラーコードを入力すると、リアルタイムで反映されます。特定の色を元に濃淡の異なるカラーコードを取得したい場合にはとても役立つ機能ですね。

また、APIではcolorとoptionsのセッティングができるようになっています。colorには先ほどのhexのほか、rgbやhslでの指定も可能です。

optionsには、numberOfVariations、contrastRatio、outputModel、shouldIgnoreRepeated、shouldIgnoreWhites、shouldIgnoreBlacksといった項目があります。

多彩なカスタマイズを施せるのも、このJSライブラリの魅力になっています。

Reshader

関連記事

  1. Jquery modal box plugin
  2. Grasp Mobile Progress Circle
  3. ScrollPress

    JavaScript

    スムーズなアニメーションのスクロールトップ実装「ScrollPress」

    ScrollPressは、スムーズなアニメーションによるスクロールトッ…

  4. Maximum Characters limit exceeded warning
  5. 2013年上半期jQueryプラグインまとめ

    JavaScript

    2012年に紹介したjQueryプラグインのまとめ

    当ブログで2012年にご紹介したjQueryプラグインをまとめてみまし…

  6. jQuery Autocompleter

    JavaScript

    カスタマイズ性に優れたサジェスト機能を実装できる「jQuery Autocompleter」

    jQuery Autocompleterはカスタマイズ性に優れたサジェ…

最近の記事

  1. s9+
  2. SRS-LSR200
  3. QC30
  4. リンツ リンドール

アーカイブ

PAGE TOP