Reframe.js

JavaScript

特定の要素をレスポンシブ化してくれる「Reframe.js」

Reframe.jsはレスポンシブに対応していない特定の要素をレスポンシブ化してくれるスクリプトです。とても軽量&使い方もカンタンなので、気軽に実装できるのが魅力です。とくにインラインフレームやビデオなど埋め込み型コンテンツには最適みたいですね。

インラインフレームや埋め込み動画などに最適

デモ

デモではとてもかわいいネコの動画が設置されています。実際にブラウザサイズを縮小して確認してみたところ、ちゃんとレスポンシブに対応していました。

使い方はとってもカンタンで、reframe.jsとcss/scssを読み込み、以下のようにセットするだけです。

reframe('selector');

また、オプションで自分の好きなクラス名を指定することも可能です。

reframe('selector', 'classname');

複雑な機能もなくシンプルでとても使いやすいと思います。インラインフレームや埋め込み動画などを手軽にレスポンシブ化させたいという人は、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか?

自分でイチからレスポンシブに対応させているヒマがない人には最適ですね。というわけで、レスポンシブでない要素をレスポンシブに対応させることができる「Reframe.js」のご紹介でした。

Reframe.js

iPhone 7(iOS10)を傾けた時に画面が表示される(スリープ解除)機能をオフにする設定方法前のページ

多彩なCSSアニメーションを実現できる「Choreographer-js」次のページChoreographer-js

最近の記事

  1. クラブハウスサンド 石窯カンパーニュ
  2. 2022.08.9

  3. 柿の実
  4. Evernoteで文字にリンクを埋めこむ
  5. 割れたiPhoneの背面ガラス
PAGE TOP