vTicker

JavaScript

シンプルで使い方も簡単!垂直ティッカーを実装できるjQueryプラグイン「vTicker」

シンプルで使い方も簡単な垂直ティッカーを実装できるjQueryプラグイン「vTicker」をご紹介します。ulのli要素に表示させるテキストを記述していき、vTickerをセットアップするだけです。スペースを有効活用したい時や、ちょっとした導線をつくりたい時によさそうですね。

[ads_center]

使い方

このようにli要素に表示させたいテキストを記述していきます。ティッカーはli要素ごとに切り替わっていきます。

<div id="sample">
    <ul>
        <li>サンプルテキスト1</li>
        <li>サンプルテキスト2</li>
        <li>サンプルテキスト3</li>
    </ul>
</div>

あとはvTickerをセットするだけです。

$(function() {
    $('#sample').vTicker();
});

オプションも色々あり、スピードやアイテムを表示させる数を指定することもできます。CSSで見た目をカスタマイズしたりすれば色々と応用が効きそうですね。

vTickerのダウンロードや詳細については以下の公式サイトで確認することができます。

MacのアクティビティモニタMacで現在のメモリ使用量や空き容量を管理・確認したい場合はアクティビティモニタが便利前のページ

iPhoneでコピペを多用する人に便利なクリップボード履歴が分かるアプリ「Clipboard Manager and History」次のページ

最近の記事

  1. ボヤージュブレンド
  2. 紫陽花とセミの抜けがら
  3. クラブハウスサンド 石窯カンパーニュ
PAGE TOP