JavaScript

レスポンシブに対応している軽量のjQueryスライダー「Unslider」

とても軽量でレスポンシブにも対応しているjQueryスライダー「Unslider」がよさそうだったのでメモしときます。マークアップも使い方もとてもシンプルだし、約3KBという軽さが魅力的ですね。スライドのスピードやキーボード操作もオプションで設定することができます。

[ads_center]

使い方

レスポンシブということで、実際にブラウザサイズを変更して確認してみました。以下は通常時↓

Unsliderをブラウザで確認

ブラウザサイズを縮小↓

レスポンシブに対応

ちゃんとレスポンシブに対応されていますね。ということで、以下、使い方です。

jQueryとプラグインを読み込みます。

<script src="//code.jquery.com/jquery-latest.min.js"></script>
<script src="//unslider.com/unslider.min.js"></script>

HTMLをマークアップしてきます。余分なマークアップは一切なく、シンプルに以下のように記述できます。

<div class="banner">
    <ul>
        <li>slide1</li>
        <li>slide2</li>
        <li>slide3</li>
    </ul>
</div>

スライダーに必要なCSSも追加しておきます。

.banner {
    position: relative;
    overflow: auto;
}

.banner li {
    list-style: none;
}
.banner ul li {
    float: left;
}

あとはUnsliderをセットするだけです。

$(function() {
    $('.banner').unslider();
});

オプション

オプションを指定する場合は以下のように指定します。

$('.banner').unslider({
    speed: 500, // スピード
    delay: 3000, // スライド間隔
    complete: function() {},// スライドアニメーション後のコールバック関数
    keys: true, // キーボード操作
    dots: true, // ナビゲーション
    fluid: false // レスポンシブデザイン
});

必要最低限の機能もちゃんと揃っていますね。自分でちょっとしたカスタマイズをしたい場合には便利です。

ということで、レスポンシブに対応している軽量のjQueryスライダー「Unslider」の使い方でした。ダウンロードや詳しい内容に関しては以下の公式サイトをご確認ください。

関連記事

  1. Stretchy

    JavaScript

    入力した文字数に合わせて可変するフォーム実装「Stretchy」

    Stretchyは入力した文字数に合わせてボックスが伸び縮みするフォー…

  2. Accessible Mega Menu
  3. AniX

    JavaScript

    優れたパフォーマンスと互換性を備えたアニメーションライブラリ「AniX」

    AniXは優れたパフォーマンスと互換性を備えた軽量のアニメーションライ…

  4. Turntable.js

    JavaScript

    画像を使ってストップモーション動画のような効果を実装できる「Turntable.js」

    Turntable.jsは複数の画像を使ってストップモーション動画のよ…

  5. Spring Loaders

    JavaScript

    ポリゴンによるローディングアニメーションがかっこいい「Spring Loaders」

    Spring Loadersはポリゴンでつくられたローディングアニメー…

  6. ScrollBooster

    JavaScript

    ドラッグしながらスクロールするライブラリ「ScrollBooster」

    ScrollBoosterはドラッグしながらスクロールする機能を実装で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. リンツ リンドール
  2. ジェットストリームの三色ボールペン(+シャーペン付き)と黒の替芯
  3. ブラジルイパネマ

アーカイブ

PAGE TOP