FitText

JavaScript

テキストサイズをブラウザ幅の大きさに自動で合わせてくれるjQueryプラグイン「FitText」

可変するブラウザ幅にテキストサイズを自動で合わせてくれるjQueryプラグイン「FitText」を使ってみました。とても有名なプラグインですね。ブラウザのサイズを大きくしたり小さくしたりしてもそれに応じてテキストが可変していきます。レスポンシブデザインにも使えそうですね。

[ads_center]

使い方

head内にjQueryとダウンロードしたプラグイン「jquery.fittext.js」を読み込みこんで、FitTextをセットします。

<script src='http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js?ver=1.7.1'></script>
<script src="jquery.fittext.js"></script>
<script>
$(function() {
    $("#sample").fitText();
});
</script>

あとは、FitTextを適用させる要素を記述していきます。

<!-- FitText -->
<h2 id="sample">sample text</h2>

これ以上ないくらい簡単でシンプルな使い方ですね。

オプション

オプションでは、テキストのリサイズを調整したり、最小フォントサイズ、最大フォントサイズを指定することもできます。実際に指定する場合には、以下のようにして記述します。

<script>
$(function() {
    $("#sample").fitText(
        1.2, // デフォルトは1
        {
            minFontSize: '20px', // 最小フォントサイズ
            maxFontSize: '40px' // 最大フォントサイズ
        }
    );
});
</script>

ということで、色んなブラウザ幅にも対応してくれる便利なjQueryプラグイン「FitText」の使い方でした。

以下からダウンロードできます。

関連記事

  1. JavaScript

    JavaScriptのlocation.searchでクエリ情報を取得してみる

    JavaScriptで、現在のページのクエリ情報(URLの末尾にある「…

  2. Rainbow.js
  3. no-image

    JavaScript

    シンプルなモバイルメニューを実装できる「offcanvas-mobile-menu」

    offcanvas-mobile-menuは、シンプルでモバイルフレン…

  4. Chocolat

    JavaScript

    レスポンシブ対応のシンプルなLightbox風のjQueryプラグイン「Chocolat」

    Chocolatはレスポンシブに対応したシンプルでスタイリッシュなLi…

  5. FlexSlider

    JavaScript

    jQueryプラグインのレスポンシブな軽量スライダー「FLEXSLIDER」の使い方や設定方法

    すごくいいですね、これ。スマートフォンにも対応させたいスライダーを探し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. iPhone 11 ProとApple Watch Hermès
  2. cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAh
  3. cheero 2 port PD Charger
  4. 台座と紅葉
  5. ニルヴァーナ バターチキンカレー

アーカイブ

PAGE TOP