FitText

JavaScript

テキストサイズをブラウザ幅の大きさに自動で合わせてくれるjQueryプラグイン「FitText」

可変するブラウザ幅にテキストサイズを自動で合わせてくれるjQueryプラグイン「FitText」を使ってみました。とても有名なプラグインですね。ブラウザのサイズを大きくしたり小さくしたりしてもそれに応じてテキストが可変していきます。レスポンシブデザインにも使えそうですね。

[ads_center]

使い方

head内にjQueryとダウンロードしたプラグイン「jquery.fittext.js」を読み込みこんで、FitTextをセットします。

<script src='http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js?ver=1.7.1'></script>
<script src="jquery.fittext.js"></script>
<script>
$(function() {
    $("#sample").fitText();
});
</script>

あとは、FitTextを適用させる要素を記述していきます。

<!-- FitText -->
<h2 id="sample">sample text</h2>

これ以上ないくらい簡単でシンプルな使い方ですね。

オプション

オプションでは、テキストのリサイズを調整したり、最小フォントサイズ、最大フォントサイズを指定することもできます。実際に指定する場合には、以下のようにして記述します。

<script>
$(function() {
    $("#sample").fitText(
        1.2, // デフォルトは1
        {
            minFontSize: '20px', // 最小フォントサイズ
            maxFontSize: '40px' // 最大フォントサイズ
        }
    );
});
</script>

ということで、色んなブラウザ幅にも対応してくれる便利なjQueryプラグイン「FitText」の使い方でした。

以下からダウンロードできます。

関連記事

  1. LoadGo

    JavaScript

    画像をプログレスバー(ローディング)にできるjQueryプラグイン「LoadGo」

    LoadGoはサイト内にあるロゴなどといった画像をプログレスバー(ロー…

  2. Dropit

    JavaScript

    シンプルでフレキシブルなドロップダウンメニュー「Dropit」

    Dropitはシンプルでフレキシブルなドロップダウンメニューを実装でき…

  3. Complexify

    JavaScript

    パスワードの強さを視覚的にフィードバックしてくれる「Complexify」

    Complexifyはユーザーが入力したパスワードの強さを視覚的にフィ…

  4. Data Img

    JavaScript

    ブラウザ幅に応じて画像を切り替えれるレスポンシブ対応のjQueryプラグイン「Data Img」

    Data Imgはブラウザ幅に応じて最適なサイズの画像を切り替えて表示…

  5. VintageTxt

    JavaScript

    タイピングしているような効果を実装できるjQueryプラグイン「VintageTxt」

    VintageTxtというjQueryプラグインを使えば、文字をタイピ…

  6. JavaScript

    テキストの一部分をサラっとアニメーションさせるjQueryプラグイン「dynamo.js」

    テキストで指定した一部分をサラっとアニメーションさせるjQueryプラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. EH-NA0B
  2. KPS-88
  3. Happy Plugs AIR1
  4. cheero Stream 10000mAh
  5. BOSE HOME SPEAKER 300

アーカイブ

PAGE TOP