FitText

JavaScript

テキストサイズをブラウザ幅の大きさに自動で合わせてくれるjQueryプラグイン「FitText」

可変するブラウザ幅にテキストサイズを自動で合わせてくれるjQueryプラグイン「FitText」を使ってみました。とても有名なプラグインですね。ブラウザのサイズを大きくしたり小さくしたりしてもそれに応じてテキストが可変していきます。レスポンシブデザインにも使えそうですね。

[ads_center]

使い方

head内にjQueryとダウンロードしたプラグイン「jquery.fittext.js」を読み込みこんで、FitTextをセットします。

<script src='http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js?ver=1.7.1'></script>
<script src="jquery.fittext.js"></script>
<script>
$(function() {
    $("#sample").fitText();
});
</script>

あとは、FitTextを適用させる要素を記述していきます。

<!-- FitText -->
<h2 id="sample">sample text</h2>

これ以上ないくらい簡単でシンプルな使い方ですね。

オプション

オプションでは、テキストのリサイズを調整したり、最小フォントサイズ、最大フォントサイズを指定することもできます。実際に指定する場合には、以下のようにして記述します。

<script>
$(function() {
    $("#sample").fitText(
        1.2, // デフォルトは1
        {
            minFontSize: '20px', // 最小フォントサイズ
            maxFontSize: '40px' // 最大フォントサイズ
        }
    );
});
</script>

ということで、色んなブラウザ幅にも対応してくれる便利なjQueryプラグイン「FitText」の使い方でした。

以下からダウンロードできます。

PopClipMacのマウス操作でコピペがかなり捗るアプリ「PopClip」前のページ

【超便利】この曲なんだろうと思う曲を一発で教えてくれる便利なiPhoneアプリ「Shazam」次のページShazam

関連記事

  1. syncscroll

    JavaScript

    2つ以上のスクロールエリアを同時にスクロールできる「syncscroll」

    syncscrollは2つ以上のスクロールエリアを同時にスクロールでき…

  2. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryの基本的なanimateメソッドを使って適当に遊んでみる

    jQueryのanimateメソッドを使えば自分で好きなようにアニメー…

  3. jQuery Panelize Plugin
  4. Tiny Colorpicker
  5. no-image

    JavaScript

    レスポンシブ対応でモバイルフレンドリーなjQueryデートピッカー・タイムピッカー「pickadat…

    pickadateはレスポンシブに対応したモバイルフレンドリーなデート…

  6. Dependent Dropdown

    JavaScript

    ネストされたセレクトボックスを実装できる「Dependent Dropdown」

    Dependent Dropdownはネストされたセレクトボックスを実…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. クッキー&クリーム ポップコーン
  2. マウイチップス マウイオニオン味
  3. グリーンビーントゥーバー
  4. VS-543AS

アーカイブ

PAGE TOP