Fixit

JavaScript

要素を特定の位置に固定できるjQueryプラグイン「Fixit」

Fixitは要素を特定の位置に固定することができるjQueryプラグインです。スクロールした時に、通常なら隠れてしまう要素を固定して表示させておくことができます。

Fixit

デモ

デモでは下へスクロールしていくと複数の白黒のボックスが見えてきます。通常だと下へスクロールしていくと上まできた要素は隠れていきますが、デモでは白黒のボックスがしっかり固定されていきます。

各ボックスは特定の位置に固定されるので、応用次第でさまざまなシーンに役立ちそうですね。

また、Fixitにはオプションもいくつか用意されています。主なオプションは、topMargin、addClassAfter、sameDimension、zIndexです。各オプション項目のデフォルト値は、topMarginが0、addClassAfterがnull、sameDimensionがtrue、zIndexが0です。

そのほか、トリガされるイベントのセッティングもできます。イベントには、fixedとunfixedが用意されています。

内容は、fixedは要素が固定された時、unfexedは要素が元に戻った時です。オプションやイベントを利用してカスタマイズして使いたい人にもうれしい仕様ですね。

Fixit

関連記事

  1. Quill

    JavaScript

    高機能なWYSIWYGエディタを実装できる「Quill」

    Quillは豊富なAPIとカスタマイズ性に優れた高機能なWYSIWYG…

  2. Tiny Colorpicker
  3. Macy.js

    JavaScript

    軽量なグリッドレイアウトを実装できるJSライブラリ「Macy.js」

    Macy.jsは軽量なグリッドレイアウトを実装することができる便利なJ…

  4. no-image

    JavaScript

    ページ読み込み時に画面上部にプログレスバーを表示する「Skylo」

    Skyloはページ読み込み時にプログレスバーを画面上部に表示できるのが…

  5. jquery.xtr

    JavaScript

    クライアントサイドで変換してくれる「jquery.xtr」

    jquery.xtrはページのリフレッシュなしにクライアントアイドでテ…

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP