JavaScript

リスト化した要素を自分が指定した数に分割できるjQueryプラグイン「Easy List Splitter」

リスト化した要素を自分が指定した数に分割できるシンプルだけど便利なjQueryプラグイン「Easy List Splitter」を使ってみました。使い方もとても簡単で色んなところで活用できるかと思います。以下、使い方です。

[ads_center]

使い方

いつも通りjQueryとダウンロードしたプラグインを読み込みます。

<script type='text/javascript' src='http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js?ver=1.7.1'></script>
<script type="text/javascript" src="jquery.easyListSplitter.js"></script>

分割したいリストをセレクタにセットして、colNumberに分割する数を指定します。

<script type="text/javascript">
$(document).ready(function() {
    $('.sample').easyListSplitter({
        colNumber: 5
    });
});
</script>

ここでは5つに分割するのでcolNumberに「5」を指定しました。自分が分割したい数を指定すればOKです。

リストのHTMLは普通にulとliでマークアップしていきます。プラグインのセレクタにセットしたクラス名を忘れずに。

<ul class="sample">
    <li>リスト01</li>
    <li>リスト02</li>
    <li>リスト03</li>
    <li>リスト04</li>
    <li>リスト05</li>
    ・・・以下略・・・
</ul>

上記の場合、CSSはulにfloat: leftなんかを指定しておくといいかと思います。

こんな感じでシンプルな機能ですが、とても使い勝手が良いプラグインですね。数字を変えるだけで分割数も簡単に変えることができるので、設置した後の管理もしやすくなるかと思います。

以下からダウンロードできます。

リストを横並びにした際に簡単に均等にすることができるdisplay:table-cellを使ってみる前のページ

Lightroomで特定の色だけを鮮やかにしたりそれ以外をモノクロ(白黒)にするやり方次のページ

関連記事

  1. plusGallery

    JavaScript

    Google+のような画像ギャラリーを実装できる「plusGallery」

    plusGalleryはGoogle+のような画像ギャラリーを実装する…

  2. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryでパターン化されたクラス名をループで1つずつ取り出して処理する

    どうでもいい内容なんですがちょっとやりたかったのでメモです。jQuer…

  3. 2013年下半期jQueryプラグインまとめ

    JavaScript

    2013年下半期に紹介したjQueryプラグイン68選まとめ

    今年も残すところあとわずかとなりました。今年もたくさんのjQueryプ…

  4. JavaScript

    jQueryプラグインのレスポンシブなカルーセルのスライダー「Elastislide」を使ってみた

    jQueryプラグインで画面のサイズによってレイアウトを合わせてくれる…

  5. emotion-ratings

    JavaScript

    絵文字を使ったレーティング機能を実装できる「emotion-ratings」

    emotion-ratingsは絵文字を使ったレーティング機能を実装で…

  6. jsPanel3

    JavaScript

    多機能なフローティングパネルを実装できるjQueryプラグイン「jsPanel3」

    jsPanel3は、高度で多機能なフローティングパネル(ウィンドウ)を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 甘柿
  2. 冬用のふとん
  3. 田沢湖
PAGE TOP