baffle.js

JavaScript

DOM要素内のテキストを難読化させて読めるようにする「baffle.js」

baffle.jsは、DOM要素内のテキストを暗号化して難読化させ、さらにそれを読めるように明らかにするjsライブラリです。これらの動きはアニメーション化され表現されます。ファイルは~1.8KBと軽量です。このライブラリは依存性がないので、単体で使用することができます。少し楽しみながら使用できるライブラリです。さっそくbaffle.jsの詳細を見ていきましょう。

baffle.js

デモ

使い方ですが、まず下記のようにjsファイルを読み込みます。

<script src="baffle.min.js"></script>

そして、難読化させたいテキストを含む要素に「baffle」を呼び出します。また、オプションも指定できるので、同様に「baffle」を呼び出します。

  • a.once(); ・・・各要素を難読化。
  • a.start(); ・・・難読化、アニメーションを開始。
  • a.stop(); ・・・アニメーションを停止。(テキストは明らかになりません。更新だけを停止します。)
  • a.reveal(); ・・・テキストを明らかにする。
  • options.characters(); ・・・テキストを難読化するために使用するバッフル文字。そのまま文字列や文字の配列を使用可能。
  • options.speed(); ・・・更新をミリ秒単位で指定。
  • options.speed(); ・・・実行の際、「baffle」がテキストを更新する時のスピードをミリ秒単位で指定。

baffle.js

関連記事

  1. JavaScript

    JavaScriptでセレクトボックスから項目を選択したらリンク先にジャンプさせるやり方

    ちょっとした備忘録です。よく見るセレクトボックスから各項目を選択するだ…

  2. JavaScript

    要素の位置までスクロールしてスピード設定もできるjQueryプラグイン「scrollToBySpee…

    scrollToBySpeedは指定した要素の位置までスクロールしてく…

  3. jcSlider

    JavaScript

    CSS3を使ったレスポンシブ対応スライダーを実装できるjQueryプラグイン「jcSlider」

    jcSliderは、アニメーションを使用しないスライダーのプラグインで…

  4. JavaScript

    jQueryの基本的なセレクターを適当に試してみる

    自分の勉強用としてちょっと適当に試してみました。jQueryの基本のセ…

  5. Huebee

    JavaScript

    オシャレなカラーピッカーを手軽に表示させれる「Huebee」

    Huebeeはシンプルでオシャレなカラーピッカーを手軽に表示させること…

  6. Stretchy

    JavaScript

    入力した文字数に合わせて可変するフォーム実装「Stretchy」

    Stretchyは入力した文字数に合わせてボックスが伸び縮みするフォー…

最近の記事

  1. Anker PowerPort Atom PD 4
  2. USB-2H401BKN
  3. Dyson Pure Cool Me
  4. ルック セレクション

アーカイブ

PAGE TOP