Tips

  1. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryでオブジェクトの型を取得して判定などをしたい場合はjQuery.type()を使う

    jQuery.type(obj)を使えばオブジェクトの型を知ることができるみたいです。取得した型を判定して、処理を分けたりといった時などに役立ちそうな感じですね…

  2. JavaScript

    JavaScriptで連想配列(ハッシュ)から1つずつ値を取り出して配列に入れてランダムで取得する

    タイトルが分かりづらくてあれなんですが、JavaScriptの連想配列(ハッシュ)から1つずつ値を取り出してそれを今度は別の配列に格納していき、最終的にはその中…

  3. WordPress

    WordPressでカスタムフィールドを使って任意のコードやファイルをhead内に読み込ませる

    以前「WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定したCSS・JSファイルを読み込む」という記事を書いたんですが、こちらは指定したファイルを…

  4. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryで$.inArrayを使えば配列の中に指定した値が何番目に入ってるか知ることができる

    jQueryで配列の中に自分が指定した値が何番目にあるか知りたい場合は$.inArrayを使えば知ることができます。使い方は簡単で、$.inArrayの第一引数…

  5. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryのeachと$.eachの簡単な使い方のメモ

    jQueryのeachと$.eachの使い方のメモです。あんまり深い知識はないので簡単な使い方ですが。。基本的にはeachは指定した要素を繰り返し処理してくれる…

  6. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQuery(JavaScript)で指定した要素の子要素数や最大文字数を配列内から取得する

    jQueryで指定した要素の子要素の数やその文字数、文字なんかを配列に格納して、その中の最大値を取得したいっていう時があるかもしれないですよね。で、色々調べてま…

  7. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryでアニメーション動作中と停止中で処理を分ける:animatedと:not(:animat…

    jQueryでアニメーションが動作中の時だけ、またはアニメーションが停止中の時だけ何か処理をしたいっていう状況は結構あるかと思います。そんな時は指定するセレクタ…

  8. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryでパターン化されたクラス名をループで1つずつ取り出して処理する

    どうでもいい内容なんですがちょっとやりたかったのでメモです。jQueryで例えばsample1、sample2...といったパターン化されたクラス名を1つずつ取…

  9. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryでsetTimeoutを使えば各要素のアニメーションを実行させる時間を調整できる

    jQueryのsetTimeoutを使えば何秒後に実行するかといったことができるようになります。例えば、この要素は○秒後に実行、あの要素は○秒後に実行といった感…

  10. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryでreplaceWithやreplaceAllを使って要素を置き換えてみる

    jQueryでreplaceWithやreplaceAllを使えば好きな要素から好きな要素へ簡単に置き換えることができます。便利そうですね。ということで勉強がて…

最近の記事

  1. Anker PowerCore Lite 20000
  2. ネクスタイム
  3. フォールドオーバーポーチ
  4. 田沢湖
  5. ハクバ シリコンクロス

Instagram始めました

Facebookページ

アーカイブ

PAGE TOP