快適ガード のど潤い ぬれマスク

買いもの

就寝用のぬれマスク

今年は花粉症がひどすぎてまだいっこうに治る気配がない。とくに夜の鼻づまりがひどく、もうかれこれ3週間以上も就寝中は口呼吸になっている。とりあえず加湿器をフル稼働してるけど、それでも起床すると口のなかがカラカラでいつノドが痛くなってもおかしくない状態です。そんなわけでこのままではいかんなあと思い、ぬれマスクを購入することにした。Amazonで15回分のお徳用を購入した。就寝用に特化したものがあるのでそっちにしたんだけど通常版となにが違うんだろう? ちなみに香りつきのマスクもあったけど僕は無香タイプにしました。専用ウェットフィルターがついていてこれをマスクに入れるだけ。さっそく使ってみたところなかなか快適な装着感で自分が予想していたよりもジャマに感じることは少なかった。パッケージに「耳が痛くない」と書かれているとおり長時間つけていても痛くならない(あくまで僕の場合はですが)。就寝時だけに使うのはもったいないから日中でも使おうかなと思えるくらいにはよくできたマスクです。ただ鼻呼吸がまったくできないわけだから、いくら「呼吸がラク」とパッケージに書かれていても寝ている(横になっている)あいだは息苦しい。まあこれはマスクありなしに関わらず、ではあるけれど。そのようにして多少のがまんを強いられながら眠りについたわけだけど、朝起きたらマスクはどっかいってたよね(枕もとに虚しく放置されておりました)。でも、まだ、初日だし……。とりあえず「加湿器 + ぬれマスク」戦略でこの息苦しい花粉症の季節を乗り越えようと思っています。

Anchor TokyoAnchor Tokyo前のページ

梅の花が咲いていた次のページ梅の花

最近の記事

  1. trolox(トロロックス)
  2. ホットコーヒー
  3. すぱじろうのたらことサーモンと千寿ねぎのすぱ
  4. 2022.09.14

    ボルダリング

PAGE TOP