梅しば

買いもの

梅しば

1年のどこかで無性にカリカリ梅を食べたくなる時期がある。先日もこの症状が生じてしまい、つい梅しばをポチってしまった。最初はアマゾンで買おうとしたんだけど、どうも箱(10袋入)でしか売られていない。そういえば前回も箱で買ったっけ……。

でもよく考えたら10袋は多いよなと。しかも梅しばには赤い梅と緑の梅があって(緑は無着色)僕はどちらも3袋ずつ欲しかったのだ。別に味に大きな違いがあるわけではないのだが(少なくとも僕には違いがわからない)なんとなく気分的にね。

なのでアマゾンはあきらめてヨドバシのネット通販へと移動する。「梅しば」で検索してみると、狙いどおり単品販売されていた。さっそく赤と緑を3袋ずつカートに入れて決済する。ヨドバシは在庫があればたいてい翌日には届くので、こういうスピーディーな配送も実にうれしいかぎりである。アマゾンも商品によっては翌日に届くのだが、けっこう翌々日に届くものも多いんだよね(もちろんプライム販売で)。まあ住んでる場所が田舎だからしょうがないんだけど……。

到着した梅しばは毎日3粒ずつ食べている。やっぱり赤も緑も味の違いはわかんない(笑)。でもカロリーは緑の方が少ないみたい。パッケージ裏の栄養成分表示を見ると赤が45kcalで緑が39kcalだった(どちらも100gあたり)。なので少しでもカロリーを抑えたい人には緑がおすすめです。

そういえば、梅干しは小さい頃から大好きでよく食べすぎて親に叱られていたっけな。当時は1日3粒までという家庭内ルールがあったので、しかたなくそれに従ってたんだけど、大人になった今でもなぜかそれを守り続けている自分がいる。別に誰かに決められているわけでもないのに不思議だなあと思う反面、でも食べる前にルールを決めておくことでうまくセーブできている気がする。これがないときっと1袋全部食べてしまうんだろうな(苦笑)。そう考えると、子ども時代に刷り込まれた梅干しルールはなんともありがたいものだなあと思えてくるのである。

BM-IBCDH13RDハンドル付きのノートPC用インナーバッグ「エレコム BM-IBCDHシリーズ」前のページ

成城石井オリジナルコーヒー豆「ブラジルイパネマ」次のページブラジルイパネマ

最近の記事

  1. ウィンターホワイトマグツリー
  2. 読書の進捗状況を非表示にする
  3. 牛すじ煮込みカレーと温野菜
  4. クリスマスブレンドとホリデースクープ
  5. バタースコッチドーナツ
PAGE TOP