SHM-260R1

買いもの

アイリスオーヤマの加湿器(SHM-260R1)

毎年冬がおとずれると「体かゆくなる祭り」が開催されるので、今年はなんとしても回避したいと思い加湿器を導入することにした。クリームとかをぬっても確かにいっときはおさまるのだけど根本的な解決にはならないので、あまり気は進まないがAmazonで加湿器を探してみることに。どうせ冬しか使わないのだから(そしていろいろ調べた結果)安いやつでいいやとアイリスオーヤマの「SHM-260R1」という加湿器を購入した。3,480円だった。カラーはホワイト(クリア)です。ほかにもグリーン、ブルー、ピンクが用意されている。

加湿のタイプは加熱式です。品番に260とあるのでタンク容量かと思いきや、こちらは加湿量の数字らしい(加湿量:約260ml/h)。で、タンク容量はというと従来品の1.9Lから30%アップした2.4Lとのこと。なんだか少しまぎらわしいが、まあいいか。ちなみに連続加湿時間は約9時間なので、寝るまえに水を満タンにしておけば朝までもってくれる。9時間以上眠るロングスリーパーの人には向かないけど、僕はいつも7時間睡眠なので朝起きるとまだ水が1割くらい残っている感じ。コンパクトながら実用性に大変すぐれた加湿器だなあと思った。体の乾燥はもちろんだけど、起床時にノドがいがいがする不快感もこれを設置してからほとんどない。正直加湿器をなめていた。なんでもっと早くこの事実に気づかなかったんだろう。僕の冬の問題のほとんどは、おおむね加湿器が解決してくれたのだった。

まだ1カ月ちょっとしか使っていないけど確実にいつもの冬より快適な暮らしになった。といっても冬のトップシーズンはこれからなので最終的な結論はもう少しあとになるのだが、とにかくいまの段階ではボディクリームの出番はなさそうです(ハンドクリームは必要だけど)。そういえば加湿器のお手入れが2週間に1回必要で、これが少々めんどくさい。水とクエン酸をまぜて加湿器に入れて1時間ほど運転させ、そのあと主要な部品を分解して布でふいたり、白くかたまってしまったものを爪楊枝でカリカリとったりしている。まあ爪楊枝でとるのは僕が勝手にやってるだけだが(説明書には書かれてなくて、ただ僕が気になってやってるだけです)。なかなか手間のかかる子ではあるけれど、このおかげでいまの快適な生活を保てると考えれば安いものだ。そう思いながら、本日も布でやさしくふきふきなでなでしながらお手入れに精を出すのでした。

ロクシタン シアハンドクリームロクシタンのシア ハンドクリーム前のページ

10種野菜と生ハムのサラダラップ次のページ10種野菜と生ハムのサラダラップ

関連記事

  1. アタックZERO(ドラム式専用)

    買いもの

    アタックZERO(ドラム式専用)

    いままでも洗たく用洗剤はアタック(正確にはウルトラアタックNEO)を使…

  2. 買いもの

    RX100M6を持ちやすくするソニーのアタッチメントグリップ「AG-R2」をつけてみた

    RX100M6のサイズがあまりにもコンパクトすぎるうえに質感もサラサラ…

  3. YunLeJP PRO-MOUNT

    買いもの

    スマホやタブレットの「だら見」に最適なYunLeJPの「PRO-MOUNT」をトレッドミルで使ってみ…

    ほぼ毎日活躍中のデスクトレイ付きトレッドミル。最近は朝と夜に45分ずつ…

  4. サラテクト 虫よけシート

    買いもの

    サラテクト(虫よけシート)

    秋の心地いい空気につつまれながら外でまったりコーヒーなんかを飲んでいる…

  5. ドトール イタリアンエスプレッソ コーヒー

    買いもの

    本日の珈琲豆(ドトール イタリアンエスプレッソ コーヒー)

    日に日に寒さが増してくる季節。こんな日はほろ苦い……いやむしろ大いに苦…

  6. ループティーストレーナー

    買いもの

    KINTOのループティーストレーナーのホワイトを購入しました

    KINTO(キントー)のループティーストレーナーを購入しました。もうお…

最近の記事

  1. 十和田湖
  2. 富有柿
  3. アイリスオーヤマの加湿器
PAGE TOP