マリーゴールドのゴム手袋(バスルーム)

買いもの

マリーゴールドのゴム手袋(バスルーム)

年末の大掃除にむけて、というわけでもないがお風呂掃除をするためのゴム手袋を新たに購入した。イギリスの老舗ブランド「マリーゴールド」のバスルーム用グローブです。こちらは用途ごとにカラーが異なっており、バスルーム(For Bathroom)はグリーンが適用されている。ほかにもキッチン用のイエローだったり敏感肌用のブルーだったりアウトドア用のブラックだったりがラインナップされていて、価格もそんなに高いものじゃないから全種類そろえておくのも悪くないなと思った。また単にカラーが異なるだけではなく用途ごとに細かい仕様を変化させているところも魅力的なポイントです。たとえばこのバスルーム用のグローブは漂白剤やカビとり剤に強い表面加工がほどこされていたり、高いところから低いところまで手を伸ばす作業が多いことを想定し、袖を長めにとってあったり、はたまた滑りやすいバスルームでグリップ力を発揮するためにサンドブラスト加工をほどこしていたりとまさにバスルームの掃除に特化したつくりとなっている。そんな感じで各グローブもまたその用途に特化したスペックを有するので全カラーをそろえたとしてもきっちり棲み分けして使うことができるのだ。とくにキッチン用はまいにち使いそうだからあとで追加しておきたい。ただ冬になってから手荒れがひどくなったので今の時期は敏感肌用にしてもいいかもしれない。アウトドア用はベランダや庭の掃除に適しているらしく(超厚手仕様だそうです)こちらは僕にはそんなに必要ないと思われる。ただ車の洗車にもおすすめと書かれていたのでその点においては使う機会がめぐってきそうだ。そもそもなぜこのゴム手袋を購入したのかというと、今まで使い捨てのニトリル手袋を使ってお風呂掃除をしていたのだが夢中になっているといつのまにか手袋が破けていた、なんてハプニングがしばしばあり、それがイヤで「ちゃんとしたやつを買おう」となったのである。もちろん使い捨てのニトリル手袋も食器洗いくらいならぜんぜん破ける心配もないんだけど、さすがに負荷が増大するお風呂掃除には耐えがたいみたいです。そんなわけで先日これを使いお風呂掃除をしてみたらやっぱり袖が長くて質感も丈夫でとんでもなく使いやすかった。あと裏地がコットンで肌あたりもすばらしい。いままでヒートテックの袖をあげて作業してたんだけど、このグローブならそのまますっぽり肘の近くまで覆われるからワンアクション(正確には左右の袖をあげるからツーアクションか)カットされる。些細なことではあるけれど、こういう積み重ねが一日の、心身の疲労度に直截的に影響してくるのだ。ちなみにお風呂のお掃除グッズにはほかにもいくつか(新たに)導入したものがあるんだけど、こちらはまたべつの機会に紹介できればと思っている。

クリスマスエスプレッソローストクリスマスブレンドエスプレッソロースト前のページ

果実そのまま みかん次のページ果実そのまま みかん

最近の記事

  1. THREE ヘアケア&スタイリングローション
  2. エルサルバドル アウアチャパン
  3. 山崎の水
  4. ナイトキャップ
  5. ルグラン・フィーユ・エ・フィス東京
PAGE TOP