ライオンコーヒー(バニラマカダミア)

買いもの

ライオンコーヒー(バニラマカダミア)

コーヒー豆を補充したいけどなかなかカフェに行けないので仕方なくアマゾンで注文する。せっかくなら新しい豆でも試してみるかと今回はじめてライオンコーヒーを買ってみたのだけどこれがなかなかすばらしかった。というのも僕はホノルルコーヒーのマカダミアナッツフレーバーコーヒーが大好きで、こんなに風味のいいコーヒーにはもう巡りあえないなと諦観していたんだけどあっさり巡りあえてしまった。といっても同じような香りなので最初に体験したホノルルコーヒーほどの衝撃はなかったものの、それでもこれ系統(マカダミア系?とでも分類すればいいだろうか)の豆をアマゾンで気軽に買えることを知れたのは幸運としかいいようがない。いっぽうカフェになかなか行けないのは不運としかいいようがない。ちなみにマカダミアナッツフレーバーコーヒーはアマゾンでは現時点で売られてません。そういえばライオンコーヒーってカルディとかでよく見かけてたけど何気にいままで購入してこなかった。なんでだろうと頭をひねらせてみたところ、おそらくあそこはレジ前にずらっと独自ブランドのコーヒー豆がならんでいて、自然とあそこから選びたくなるように導かれる仕組みになっているのかもしれない。じじつ僕はいつもあのなかから選んでたし(ブラジルという豆がお気に入りだった。最近あまり行けてないけど……)。今回僕が購入したライオンコーヒーはバニラマカダミアという種類になる。ホノルルコーヒーと違うのはバニラがミックスされているところかな。なのでたぶんこちらの方が少し甘い香りがする。はじめて口にふくんだときは何かうっすら薬品っぽい味が舌に感じたのだけど、何口か飲んでいるうちに「ああ、これはバニラか」と納得した。それにしてもまろやかで飲みやすくて風味がたまらない。目をとじてゆっくり味わうと、どこか官能的な穏やかさにつつまれる。朝の五感がとぎ澄まされた時間帯なんかにいいんじゃないだろうか。ライオンコーヒーというから僕はてっきりワイルドな、パンチのある苦味をふくんだ豆だとばかり思ってたけど、いやはやなんともスウィーティーな風味を漂わせるコーヒーでした(もちろんライオンコーヒーの名にふさわしい仕上がりのものもあると思うが)。

風に強いAirPods Pro前のページ

ゴムの耳栓次のページゴムの耳栓

最近の記事

  1. 果実そのまま みかん
  2. マリーゴールドのゴム手袋(バスルーム)
  3. クリスマスエスプレッソロースト
  4. シーザーチキン 石窯カンパーニュ
  5. スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R
PAGE TOP