Oral-Bのフロスピック ホワイトニング

買いもの

Oral-Bのフロスピック ホワイトニング

フロスはずっとクリニカのY字タイプのものを愛用していたのだけど、ふとほかの製品も試してみたくなりOral-Bのフロスピック ホワイトニングを購入した。なんというか単純にデザインに惚れてしまった。クリニカのY字よりもずっとコンパクトになり旅行にも携帯しやすそう。あとこのフロスピックは下部がピックになっていてちょっとした食べカスなんかをちゃちゃっと取り除けるところもナイスアイディアだなと思った。短くてぺったんこで無駄のないつくりに感心してしまう。というかこれブラウンの製品だったんだな。Oral-Bというのはブラウンのオーラルケアブランドらしい。僕はブラウンといえば時計やシェーバーのことを思い浮かべちゃうのだが、けっこう手広くやられているのですね。さて話を歯間クリーナーにもどすと、このフロスピックは1本の太いテープでできているので狭い歯間でもスッと入れることができる。このなめらかさは見事である。クリニカのY字では入りづらかったところも驚くほどスムーズに入るので感動した。ただ歯間がゆるいところでは逆に「あれ、いまこれ入ってる?」という状態におちいった。そういうスポットはクリニカのY字の方が磨いている手応えを感じられる。それからこれはコンパクトによる代償だと思うけど奥歯もやはりクリニカのY字の方がリーチがあって磨きやすい。ただ総合的にはOral-Bの方が使っていて気持ちいい。ゆるいところは歯間ブラシで補強するとして、いままで狭くて入れるのに(抜くのにも)ストレスを感じていた状況が一気に改善された気がする。やはり日頃からいろんな製品を試すのは大事だなあと痛感した。ただクリニカのY字も狭いところ以外ではとくに不満はないのでこれからはこのフロスピックと併用しながら歯間をケアしていきたい。あとこのフロスピックにはミントフレーバーが含まれているんだけど、これがほんのりスーッとしてなかなか良い。あとは耐久性だけど、これは長期間使ってみないとわからないな。いまのところ切れたりするアクシデントもなく悪くないように思う。つぎはこれを旅行にもっていくためのクリアケースなんかを探してみようかな。まいかい歯間クリーナーをもち運ぶときティッシュでつつみモビロンバンドで固定してからポーチに入れてるんだけど、それがめんどくさいのだ。できればそのままクリアケースにすっぽり入れたいと思っている。内部が乾燥しやすい小型の穴あきケースとかないかな。

立体型スパンレース不織布カラーマスク(大きめ)立体型スパンレース不織布カラーマスク(大きめ)前のページ

下北沢のカフェ次のページPostCoffee

最近の記事

  1. ベルキンのモバイルバッテリー
  2. マグカップ
  3. ピステーヌ
  4. エスプレッソロースト
PAGE TOP