HUNTERのスノーブーツ

買いもの

HUNTERのスノーブーツ

毎年冬になると足のしもやけに悩まされるので今シーズンはHUNTERのスノーブーツをはくことに決めた。ふつうに生活するぶんには厚手の靴下とスニーカーで十分だが、毎日外を一時間以上あるく僕にはどうやらこれだとスペック不足らしい。防寒に対応したスニーカーという選択肢もあったけど、雪深い地面をあるくシチュエーションが多いからそれだと靴のなかに雪が入ってしまう。そして去年買った防寒用のスニーカーは僕の足にあわずひどい目にあった。そのようなことから長靴感覚ですっぽり履けるスノーブーツが気楽でいいやと思い、さっそくネットで購入し、いざ足を入れてみるとなかなか心地よいホールド感で気に入った。若干かかとに余裕があるけどこれが逆に脱ぎ履きのしやすさにつながっているのかもしれない。でもつま先というか甲まわりがタイトにホールドしてくれるので歩いていてとくに気になることはない。むしろインナーがふわふわしていて気持ちいいし、長時間歩いていても痛くなる箇所がまったくない。値段は(スノーブーツの中では)お高めだったけど、これにしてよかったなあと思った。有名どころではノースフェイスやコロンビアがあり、それらもちょっと気になります。これから数年かけていろんなブランドのスノーブーツを履きくらべしたくなってきた。でもいまのところデザインはHUNTERのこれが一番好きかな。高さやフォルムのバランスもちょうどいい。そういえば後ろに紐がついていて、これを引っぱれば巾着のように履き口がキュッと締まる仕組みになっている。これがとっても優秀で、先日膝くらい雪がつもった場所を歩いたんだけど全然雪が入ってこなかった。本来なら長靴コースなんだけど、長靴だと足が冷えるからこっちの方が全然いい。スノーブーツってこんなに優秀だったのか。ちなみにこの靴は-20℃まで対応するそうです。もはやスノボーのブーツみたいだな。このままバインディングに固定しても違和感なさそうだ。もちろん雨の日にも大活躍で、これで水たまりに足をつっこんでみたが全然染みてこなかった。もう半分長靴のような感じです。でもあたたかいし足首まわりの可動性もしっかり確保されているので車の運転にも支障がない。あまりにも便利でもう冬はこればかり履いてしまいそうだ。最近はこれを履いて雪かきも楽しんでいる(でもやっぱり散歩の方が好きだけど)。グリップ力も申し分ないし、今年は外で転ぶこともないだろう(毎年2、3回は、だいたいどこかの駐車場で転ぶので……)。

マリオマリオ前のページ

抹茶ドーナツを食べて初詣次のページ抹茶ドーナツとコーヒー

最近の記事

  1. すみれチャーハン
  2. カティ カティ ブレンド
  3. 冷凍の焼き紅芋
  4. クレミア
PAGE TOP