ぬれマスク(立体タイプ)

買いもの

ぬれマスク(立体タイプ)

少しまえに買ったぬれマスクがプリーツ式でどうも僕の顔にあわないことが判明し、今回あらためて立体タイプを買い直した。たぶんふつうのプリーツマスクなら大丈夫だと思うのだが、ぬれフィルターを中に仕込むことでそのぶん窮屈になり鼻先が擦れて気になるという構図なのだろう。まあ先日すべて使いきったし、それなりに活躍してくれたからおおむね満足だ。ひさしぶりに立体タイプのぬれマスクを使ってみると、やはりこちらの方が顔にしっかりなじんで安心する。ぬれフィルターを2枚挿入する手間は増えたけど、装着後の時間と快適性を考えれば安いものだ。最初は昼夜兼用のものを選ぼうとしたが、よく考えてみると日中はそれほど鼻がつまらないことを思い出し就寝用を購入した。でも両者の違いは正直僕にはよくわからない。手もとにある箱の裏を見てみると「就寝時に適したゆったり立体形状」と書かれている。どうやら口まわりの空間が広がり息がしやすくなっているみたい。なるほど、であればやはり就寝用にしてよかった気がする。日中は逆に動いたりするからマスクがずれないように空間の遊びを少なめに設計しているのかな? 寝ているときはたしかに呼吸がしやすく快適なんだけど、たまに鼻がかゆくてマスクを下にずらして鼻をかいたあとマスクを戻すときにぬれフィルターのポケットがめくれる感じになり鼻まわりがゴアゴアする。できればここを改善してくれたらもっと快適性がアップするんだけどな。ぬれフィルターをサイドから挿入する仕組みにすれば改善されるんじゃないか? それか内側ではなく外側にポケットを設けるとか(加湿力に影響あるかな?)。まあこんな素人でも考えそうなことはとうの昔に実験済みだと思うけど、いい商品なので(もう花粉シーズンには手放せない)今後のリニューアルに期待したい。

モロッコヨーグルモロッコヨーグル前のページ

ユニカフェ次のページユニカフェ

最近の記事

  1. バレンシア風パエリア
  2. フロランショコラサンド
  3. マーナのfit歯ブラシ(カーブ)
  4. ドリッパー
PAGE TOP