雑記

FF7 リバースをクリア(ネタバレ要素あり)

ついにこの日を迎えてしまった。今年の4月からプレイしてほぼ2カ月、たまに休む日もあったけど毎日といっていいレベルで遊んでいた。やりこみ要素(っていうのかな?)はまだいっぱいあるけれど、やはりメインストーリーの終わりはとてもとても切ない気持ちになった。僕はてっきり「あーあ、楽しかった!」と終わるつもりでいたんだけど、まさかまさかの展開でエンディングは終始泣いていた(僕はFF7のオリジナルを遊んだことがないから結末を知らなかったし、ネタバレ的なコンテンツも避けていた)。ゲームでここまで感情を揺さぶられたのは初めての体験でちょっととまどっている。このなんともいえない悲しみと喪失感をどこにぶつければいいのか。そんなことを思いながらとりあえずブログに綴ることにした。リメイクとリバースをとおして仲間とともに旅をしたかけがえのない時間。一分一秒をかみしめながらプレイしていたつもりだったけど、やはりいつかは終わりがやってくるのだな。でもまだラストの3作目が残っているし、生きていればきっとまた仲間と再開できるだろう(クラウドも最後ふきんで「リユニオン」といってたし)。あーあ、楽しかったな。あるていど時間が経過して、今ようやく予定していた終わりのふっきれ感が芽生えてきた。リバースの物語はこれで終わってしまったけれど、やり残したイベントやクエストがまだたくさん待っているし、もうしばらくこの世界に浸っていようと思う。とにかく僕はゴールドソーサーのデートイベントをやり直したい(なぜかレッドと観覧車にのってしまったのだ。いやレッドはとても好きだけど、そこはちょっと違うだろとつっこみたくなった)。あとは召喚獣とのバトルも放置しっぱなしだったのでこれも可能なかぎり入手したい。たしか最後にフェニックスを入手してからすっかり忘れてしまっていた。たぶんもう半分くらいいるはず……。我ながらよくそんな装備でラスボスに挑んだなとあきれてしまう。ところでここ数日、脳内で『No Promises to Keep』がずっと再生されるのだけど、これいつまで続くんだろう?

紅芋前のページ

金のマルゲリータ次のページ金のマルゲリータ

最近の記事

  1. ドラゴンフルーツ
  2. すみれチャーハン
  3. カティ カティ ブレンド
  4. 冷凍の焼き紅芋
PAGE TOP