加湿器

雑記

加湿器の時期

毎年のことではあるけれど、今年もついに加湿器の出番がやってきた。やはりこうして10度以下(最近は5度以下か)の日があたりまえになってくると体のあちこちが乾燥してかゆくなる。ましてや僕は毎日1時間は外を散歩するので風がびゅーびゅー太ももなんかを通過して乾燥がすすむすすむ。とくに湯船につかるときがやばい。かきはじめると止まらなくなるのでかゆくなっても必死で我慢している。でもこうして加湿器を稼働させて部屋の湿度を高めてあげると不思議とかゆみも引けてくる(もちろん完全になくなることはない)。ハンドクリームやらボディクリームやらを塗るよりも、僕の体質には加湿器の方が断然効果が高いみたい。いまでは真冬になってもいっさいクリームを使わなくなってしまった。あ、でもリップクリームだけは手放せない。まあこれは年中だけど。加湿器は3千円くらいの安いやつで(一緒に買った湿度計の方が高かった)3年くらいのスパンで買いかえていく予定だったのだが、4年目に突入したいま、見た感じぜんぜん汚れもなくまだまだ余裕で使えそう。でも内部はさすがに汚れているのでは?と思ったけど月一でちゃんと掃除(クエン酸を使います)していたおかげでこちらもとくに目立つような汚れはみられない。なんならもう5年はいけるんじゃないかと思えてしまう。たかだか3千円台の加湿器でここまでもつとは思いもしなかった。でも逆に安いから、つまるところ構造がシンプルだからこそ故障もないし各パーツごとのお手入れもしやすいのかもしれない。先日はようやく雪もたくさん降って冬らしくなってきた。冬はこうして外にたくさん雪(つまりは水分)がつもっているのにどうして乾燥するんだろうな。

屋根が白くなる前のページ

クリスマスのコーヒーが勢ぞろい次のページドリップコーヒー

最近の記事

  1. ベルキンのモバイルバッテリー
  2. マグカップ
  3. ピステーヌ
  4. エスプレッソロースト
PAGE TOP