雑記

くしゃみ

最近気づいたんだけど、くしゃみをすると(絶賛花粉症中です)そのあと鼻がつまりやすくなる。すればするほど鼻がピタッと閉じるので、ためしにくしゃみをがんばって堪えてみたところ鼻がつまりづらくなった。くしゃみを完全に止めるのは無理だけど、くしゃみをする瞬間に息をできるだけ吸わないと吐くときのパワーが落ちて、それに比例するかのように鼻づまりも弱くなる。あとくしゃみがでそうになったら鼻をつまんで目を閉じて呼吸を中断するとくしゃみが収まることが多い。こんな感じでとにかくくしゃみを回避したり弱めたりするとそのあとの鼻づまりへの移行(たぶんこれは体の構造だと思う)がとだえるので花粉シーズンにはなかなか有効なTipsだと思う。ただくしゃみって体が異物を排除するために発生するものだからそれを無理やり拒絶するのは体にとっていいわけがない。とはいえ鼻づまりのせいで睡眠不足になったり仕事に集中できなくなったりするのもこれはこれで問題だ(とくに睡眠不足で運転するのは危険極まりない)。そんなわけで僕はなかば仕方なくくしゃみをがまんしています。でもこんな生活をこれから毎年繰りかえすのかと思うとちょっとした絶望感におそわれる。そろそろ舌下免疫療法とかを真剣に検討するべき時期なのかもしれない。いっそのこと部屋に杉でも生やしたらどうだろうか? そうすれば花粉がつねに浮遊しているのがあたりまえになるから体も異物と判定しなくなる気がする(そんな単純な話ではないか)。自分の体に「花粉は異物じゃないからスルーしてくれ〜!」って念じても、いっこうに無視されるのはつらいものだな。心と体はつながっていると言うけれど、こと花粉においてはわかりあえそうにない。まあそれでも免疫がせっせと働いてくれている証拠だし文句は言えないか。

ユニカフェユニカフェ前のページ

ブラックサンダー次のページブラックサンダー

最近の記事

  1. バレンシア風パエリア
  2. フロランショコラサンド
  3. マーナのfit歯ブラシ(カーブ)
  4. ドリッパー
PAGE TOP