ガジェット

魚眼、ワイド、マクロを1つに!iPhone5のカメラレンズ「olloclip 3 in 1 Lens」レビュー

iPhone5のカメラレンズ「olloclip 3 in 1 Lens」が発売されていたのでさっそく購入してみました。olloclip 3 in 1 Lensは魚眼、ワイド、マクロの3種類のレンズが1つにまとまっているので、持ち運びにも適しており撮りたい時にサッと取り出せるのでとても便利です。ということで、以下レビューです。

[ads_center]

レビュー

olloclip 3 in 1 Lens

色はレッドとブラックの2種類あるんですが、僕はブラックにしました。箱から取り出してみると、予想していた通りとてもコンパクトで持ち運びしやすそうです。しかも良い感じの入れ物まで付いてくるのも嬉しいですね。

箱から取り出してみる

↓ 斜めや横から見たところ。

斜めや横から見たところ

↓ 魚眼レンズ(フィッシュアイ)です。このレンズの中では一番大きいサイズです。約180度の視野を撮影できます。実際に撮ってみるとかなり面白いです。

魚眼レンズ

↓ ワイドレンズ。一般的なiPhoneのほぼ倍の視野角で撮影できます。印象的な広い風景や空なんかを撮りたいですね。

ワイドレンズ

↓ マクロレンズはワイドレンズを回して取り外すと出てきます。約10倍の倍率です。

マクロレンズ

どのレンズもiPhoneだけでは撮れない画像を撮ることができます。試しにマクロで撮ってみるこんな感じです。

実際にマクロレンズで撮影

iPhoneだけでは中々ここまで接写して撮ることはできないかと思います。魚眼とワイドとマクロを活用すれば、かなり表現の幅も広がりますね。

何より「気軽に取り出して撮れる」ということが個人的にはかなり重要かと思います。ポケットにでも入れておけば撮りたい時にいつでも撮れるので出かけるのが楽しくなりますね。

これからちょくちょく活用していこうかと思います。

Macの起動時にアプリケーションを復元させない方法前のページ

緊急時にパラコードを解いて使用できる「eGear(イーギア) パラジッパープル」次のページ

関連記事

  1. GoPro HERO3+に使えるアクセサリー

    ガジェット

    GoPro HERO3+に使える25の凄いアクセサリー

    ちょっと面白そうだったのでメモ。GoPro HERO3+を取り付けて使…

  2. HB4008

    ガジェット

    Inateck社のUSB3ポートハブ + SDカードリーダー「HB4008」が実用的でとてもいい!

    まさにこんな製品を探していました!デジタル製品を販売するドイツ会社であ…

  3. AnkerのUSB-Cハブ

    ガジェット

    Power Delivery対応!USBやHDMIポートを搭載したAnkerのUSB-Cハブ

    MacBook 12インチに採用されているUSB-Cポートは、電源供給…

  4. Panasonic ES-RS10-S

    ガジェット

    パナソニックの超小型メンズシェーバー「ES-RS10-S」を購入

    Panasonic(パナソニック)の超小型の「メンズシェーバー 1枚刃…

  5. コンパクトデスク扇風機 NPM-1081U

    ガジェット

    持ち運びに便利なAC・USB・乾電池で動作するコンパクトデスク扇風機 NPM-1081U(WH)

    持ち運びに便利なAC・USB・乾電池と3電源で動作するドウシシャの「コ…

  6. Just Mobile AluPlug(ジャストモバイル アルプラグ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 成城石井 フレンチロースト
  2. COMOLI カシミアシルクニットパーカ
  3. 橋
  4. 梅と久保田城
  5. マワマット26

アーカイブ

PAGE TOP