GW-S5600-1JF

ガジェット

G-SHOCKの原点が受け継がれるファーストモデル直系の「GW-S5600-1JF」購入レビュー

先日G-SHOCKを購入したのでそのレビューです。色々と悩んだ末、ファーストモデル直系の「GW-S5600-1JF」にしました。スクエアデザインが欲しかったので、新しく発売されたBluetooth対応の「GB-5600AA-1JF」もいいかなと思ったんですが、おそらく自分は電話着信通知やメール受信お知らせといった機能は使わなそうだったのでやめちゃいました。それと色々調べたところ、GW-S5600-1JFがおそらくG-SHOCKの中でもトップクラスの軽量(47g)を誇っていたのでそれも高ポイントでした。

[ads_center]

開封から主な機能など色々

ということで、さっそく開封していきたいと思います。このようにとても男らしく丈夫なケースに入っています。

G-SHOCK「GW-S5600-1JF」のケース

開けてみたところ。

G-SHOCK「GW-S5600-1JF」開封

サイズはH46.7×W43.2×D12.7mmで実際に付けてみると丁度いい大きさです。G-SHOCKはゴツくて大きなイメージがありますが、これは比較的、薄くてコンパクトな方だと思います。何より軽い!

比較的薄くてコンパクト

バンドの付け心地はサラサラしていて個人的にはしっくりきました。ミズノテクニクス株式会社との共同開発で、切れにくい強靭なバンドに仕上がっています。ちなみにこれに使われている技法をミズノテクニクス株式会社と共同で特許出願中(2010年2月時点)だそうです。

GW-S5600-1JF

iPhoneとサイズを比較するとこんな感じ。

iPhoneとサイズ比較

先程のバンドです。ちょっと硬めですが、これが強靭さにつながっていると考えると安心ですね。

GW-S5600-1JFのバンド

裏面もこの通り、細部までデザインが施されていてカッコイイです。

GW-S5600-1JFの裏面

真横から見たところ。薄いので付けていてもそんなに違和感を感じません。

真横から見たGW-S5600-1JF

他にも、耐衝撃構造(ショックレジスト)や20気圧防水といった実用的な機能も色々と兼ね備えています。何より、G-SHOCK伝統のスクエアデザインがほんと素敵だなーと感じられる時計です。

G-SHOCK「GW-S5600-1JF」

Amazonのレビュー評価もかなり高いことからも、その良さがわかるかと思います。ということで、以上、GW-S5600-1JFの購入レビューでした。

関連記事

  1. 無接点充電パッド「QE-TM101」

    ガジェット

    置くだけで充電できる無接点充電パッド「QE-TM101」の購入レビュー

    パナソニックの置くだけで充電することができる無接点充電パッド「QE-T…

  2. iBUFFALOのBSMPBAC02シリーズ購入レビュー
  3. PLANEX BN-XPERIASBのレビュー
  4. Nomad 7 Plus Solar Panel

    ガジェット

    【Goal Zero社】キックスタンドや太陽光強度インジケータを搭載したソーラーパネル「Nomad …

    アスクが取り扱っている米国Goal Zero社のソーラーパネルシリーズ…

  5. Anker SoundCore Sport

    ガジェット

    お風呂やアウトドアに最適な防水Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore Spor…

    IPX7の防水認証を取得したAnkerの防水Bluetoothスピーカ…

  6. E300BT

    ガジェット

    オンキョーのBluetooth対応のマイクつきインナーイヤホン「E300BT」

    オンキョーから新しく発表されたマイクつきインナーイヤホン「E300BT…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. iPhone 11 ProとApple Watch Hermès
  2. cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAh
  3. cheero 2 port PD Charger
  4. 台座と紅葉
  5. ニルヴァーナ バターチキンカレー

アーカイブ

PAGE TOP