蒼龍唐玉堂 特製牛バラ担々麺

お出かけ

蒼龍唐玉堂(六本木店)の特製牛バラ担々麺

今晩のメシは何にしようかと悩んでいたら、ふと以前食べた蒼龍唐玉堂の担々麺が頭をよぎったので行ってみることにした。六本木にいたからちょうどいい。しかもここはまだブログに書いてなかったので(前回書こうとしたらそのまま忘れてた)こちらもまたちょうどいい。18時すぎに行ったらまだ店内には誰もいなかった。カウンターでも2人用テーブルでもどっちでもいいよとのことだったので2人用テーブルに座る。たくさんメニューがあってどれにしようか迷ってしまうが、とりあえず目的は定番の「特製牛バラ担々麺」だったのでこちらをオーダー。餃子も頼みたかったけど、ちょっと食べきれる自信がなかったので今回はパス。前回食べたらかなり多かったんだよね。ひさびさに食べる担々麺はやっぱりおいしい。濃厚でピリッとパンチの効いたスープに太めの麺(ゆるく縮れてる)がからみつき、なんとも病みつきになる味わい。ひき肉やら黒ごまやらネギやらいろんなものがごちゃ混ぜになっていて口に運ぶレンゲがとまらなかった。じっくり煮込まれた牛バラも食べごたえ満点ですばらしい。とにかくボリュームがありすぎて逆に申しわけなくなってくる。なんだかステーキを食べてる感覚に近いものがあった。これだけいろんな具材が入って1,518円(税込)というのはだいぶ良心的なんじゃないだろうか。寒い冬にもぴったりハマるし、なんなら近いうちにもう一回訪れたいところである。食べ終わるころには2、3組の客がきてようやく賑わいはじめそうな雰囲気だった。店内に流れるデズリーの『ライフ』が懐かしくもあり、またあらためていい曲だなあと思った。

サーモンアボカドサラダラップとドリップ麻布でスタバ前のページ

すしざんまい 匠 六本木ロアビル前店次のページすしざんまい

最近の記事

  1. ジェットストリーム
  2. タンザニア ルブマ
  3. ドリップコーヒー
  4. コールドブリューコーヒー
  5. カマキリ
PAGE TOP