2種のカレー

お出かけ

オールドデリーで2種のカレーを堪能

数日前にディナーで訪れたんだけど、今回は土曜のランチタイムにおじゃました。もうここ数年どこのインドカレー屋に行ってもバターチキンしか頼んでなかったのでそろそろほかのカレーを食べてみようと思いオールドデリーセットを注文した。こちらのセットは好きなカレーを2種選ぶことができて、ナンまたはサフランライス、サラダ、そしてフルーツ入りヨーグルトがついてくる。なかなか充実したラインナップだけど、できることならタンドリーチキンなんかもついてくるとすごくうれしかった。まあ税込2,150円だからこれが限界なのだろう。メニューの下の方に「チーズナン(変更)330円(税込)」と書かれていたので思わず変更してしまった。そういえば前回も夜にチーズナンを食べたっけ。なんか僕のなかでこれからはチーズナンがデフォルトになりそうな予感がする。カレーはバターマサラと(けっきょく頼むんかいって感じだが)ムルグサグをチョイスした。バターマサラはシュリンプとチキンから選べ、前回チキンを食べたので今回はシュリンプをチョイスする。ムルグサグはほうれん草入りチキンのカレーで深緑色のどろりとしたカレーだった。これがもうめちゃくちゃうまくて正直バターマサラよりもこっちの方が夢中になった。さすがにバターマサラは飽きつつあるんだろうな。チーズナンはぷっくり空気を含んだ状態で運ばれてきて店員さんがカットしてくれる。最初にふくらんだナンを押して空気を逃し(ペタンとつぶれた)そのあと「4ピースにするか8ピースにするか」をきかれたので8ピースでお願いし、その等分にカットされた。とろりとやわらかなチーズが多彩なスパイスでつくられたカレーと非常にマッチして味も食感も香りも見事に一体となり、豊かな奥行を感じられる味わいを生み出していた。とにかくほうれん草のカレーがひとことでは言い表せない複雑な味わいでびっくりした。バターマサラもいろんなスパイスが使われているので決して単純な味ではないのだけど、ムルグサグのあとに食べるとどうも甘さだけが際立つカレーに思えてくる。それでも単純に、直感的にうまいと感じてしまうのは、やっぱりこれが僕がインドカレーに求める最たる味つけなんだろうな。まあいずれにせよ、ようやくバターチキンからの呪縛がとけつつあることに、なにか僕のなかで新しいとびらが開かれた気がする。これを機にバターチキン以外のカレーに積極的に手を出してみたい。とりあえずほかのお店でもほうれん草のカレーを頼んで食べくらべしたいかな。ちなみにこの日のお会計はオールドデリーセットにチーズナン変更で税込2,480円でした。なかなか豪勢なランチだった。じつはタンドリーチキンも単品で1本頼もうか悩んだんだけど(チーズナンに変更したことでお腹いっぱいになると思ったからだ)けっきょくとどまりました。つぎは普通のナンにしてタンドリーチキンを頼むバージョンもいいかもしれない。そういえばメニューの表紙にHoliday Lunchと書かれていたのだが、平日とはランチメニューが若干異なるみたいです。いつも見る(曜日ごとに異なる種類のカレーがのっている表)メニューではなかったので最初「おっ、ランチメニューがアップデートでもされたかな?」と思ったのだが、たぶん土日(祝日も?)はこのHoliday Lunchメニューで提供されているんだろう。どちらがいいか、それはよくわからないけれど、どちらもバターマサラを食べれるし特に不満に感じることはないように思う。そういえばチーズナンのほかにゴルゴンゾーラ入りチーズナン(ハチミツ添え)への変更も可能だった。こちらはチーズナンよりさらに高くなって480円(税込)でした。僕の後ろの席の人が注文していた。ゴルゴンゾーラってなんだろう。つぎはこっちのナンにしてみようかな。ああでもハチミツかけて食べるってことは手がすごくベタベタしそうだ(笑)。むかし、とあるインドカレー屋でハチミツをかけたナンを食べたことをふと思い出してしまった。そこのお店は入店したら電気もまともについてなくて暖房だか冷房だかも(どっちの季節か忘れたけれど快適とはほど遠い室温だった)ついておらず、なかなか斬新なお店だなあと苦笑いしたことを覚えている。まあこのお店も機会があれば再訪して紹介したい。

WAKOのクランチチョコレートWAKOのクランチチョコレート前のページ

ボルダリング次のページ

最近の記事

  1. スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R
  2. ポーレックスの手動ミル
  3. クリスマスブロンドロースト
  4. トマトとニンニク
  5. ウィンターホワイトマグツリー
PAGE TOP