2輪の蓮

お出かけ

蓮と睡蓮とアジサイ。千秋公園にて(RX100M6)

アジサイを撮りに千秋公園へ行ってみたらちょうど蓮が見頃を迎えていた。お堀にびっしりと敷かれた葉に、すっと伸びる繊細なピンク色をした花びら。思わず出くわしたこの状況に胸が高鳴らないわけがない。お堀に沿って歩きながら無心でシャッターを押す。背景には国学館もそびえている。広角で全体像を収めたり望遠で蓮をピンポイントで狙ったりと撮影しがいのあるシチュエーションだ。

また蓮だけではなく、ところどころに睡蓮も咲いていた。こちらは蓮よりも小さくてずっと水面に近い場所に位置している。でもピンクの色合いが濃く、蓮に負けじと主張しているところがかわいらしい。「蓮と睡蓮ってなんだかいい感じに共存するもんだな」と思った。

それにしても蓮の葉って大きいな。自分の顔より広い葉をしげしげと見つめていると、よくもまあこんなに成長したものだと感心してしまう。葉の中心には前日に降った雨のせいか、水たまりができている。風で葉が揺さぶられるたびに、グラスのワインがくるりと回転するように水たまりがまわる。おもしろい。たまに勢いあまって場外に飛んで行っちゃたり。そんな自然の戯れに、ずいぶんと癒されてしまいました。

お堀をぐるりとまわってから公園内に入ってみる。さっそくアジサイが咲いていた。時期が遅かったので枯れかけているものが多かったが、まだ満開に近い個体もちらほら見受けられた。そして蝉の抜け殻をくっつけたアジサイもたくさん目にした。「この花のように自分もひと花咲かせるぞ」と喜び勇んで羽ばたいていく姿が目に浮かぶ。蝉の人生は今、最盛期を迎えているのだ。

湖月池にも蓮が咲いていた。大賀ハスというらしい。数は少なかったけど見事なサイズといえる。お堀の蓮は大賀ハスではないのかな? 違いがよくわからない……。そういえば湖月池にも睡蓮が咲いていた。こちらは純白の睡蓮でライトが葉の間に浮かんでいるようにも見える。小雨まじりの空だけど、そんなしっとりとした空気につつまれる睡蓮はとても幻想的だった。すっかり主役がアジサイから蓮と睡蓮になってしまったが、まあそんな日もあるだろう。限られた季節でしか咲かない花とめぐり合えた幸運に、ぼくは心から感謝した。

蓮と国学館
蓮
草
紫陽花
紫陽花と蝉の抜け殻
睡蓮
スズメ
紅葉色の葉をつけた木
千秋公園の一角
ベンチ
紫陽花とハチ

RX100シリーズ対応。キズやほこりから保護するジャケットケース「LCJ-RXK」前のページ

3製品を同時発売。AnkerのPowerIQ 3.0を搭載した次世代USB急速充電器シリーズ次のページAnker PowerPort Atom lll(Two Ports)

関連記事

  1. 雨粒

    お出かけ

    【note】雨と中津川。遠出への情熱

    休日の朝。僕は秋田駅のスターバックスでコーヒーを飲みながらどこへ行こう…

  2. とんかつ 都の特ヒレかつ

    お出かけ

    麻布の「とんかつ 都」でジューシーな特ヒレかつに感動

    麻布十番の「とんかつ 都」に行ってきました。わりと新しいお店ということ…

  3. マスカルポーネティラミスラテ

    お出かけ

    ホイップクリームがたっぷりのったタリーズのマスカルポーネティラミスラテ

    タリーズの季節限定商品「マスカルポーネティラミスラテ」を飲んでみました…

  4. フェルメール展

    お出かけ

    上野の森美術館で「フェルメール展」を鑑賞

    2018年10月5日〜2019年2月3日まで上野の森美術館で開催されて…

  5. 田沢湖

    お出かけ

    秋田にある日本一深い湖「田沢湖」に行ってきた

    先日の最強寒波にともない「山間部はかなり雪が積もったはず」と思い、美し…

  6. クローバーで淹れたコーヒー

    お出かけ

    スタバ リザーブ(銀座マロニエ通り)のクローバーでおいしいコーヒーをいただく

    正月休みなので東京へ遊びにきています。銀座マロニエ通りのスタバには何度…

最近の記事

  1. 梅
  2. CAR-HLD12BK
  3. OWL-LPB6701LA

アーカイブ

PAGE TOP