ザ・ゲートホテル東京 by HULIC

お出かけ

ザ・ゲートホテル東京 by HULIC

銀座にある「ザ・ゲートホテル東京 by HULIC」というホテルに宿泊した。まだできて3年くらいしか経ってないので館内のすみずみまでキレイで洗練されていた。客室も予想以上に広々とすっきりしているんだけどシンプルすぎず、ほどよいデザイン性が込められた空間だった。白を基調としていてクローゼットやテレビ台などところどころダークトーンで統一されている。そしてワンポイントの黄緑がお洒落なアクセントになっている。なんとも落ち着く、心安らぐお部屋だった。にぎやかな銀座の街から帰ってくるたびに安心感を覚えた。ソファはこんな感じでL字になっており中央にメインテーブル、両端にサイドテーブルがそなえつけられている。

ソファとテーブル

またオットマンも用意されているので足を伸ばしてゆったりくつろぐことができた。丸いテーブルはPCで作業するのに向いてなさそうに感じたけど、手前に引くことでわりと快適に作業することができた。こんな感じでふつうに作業しやすかった(布団がごちゃごちゃですみません)。

PC作業環境

ちなみに写真のコーヒーは部屋にネスレのエスプレッソマシンがありそれで淹れたものになる。ネスプレッソというマシン名(なのかな?)で、カプセルと水をセットするだけでこんな感じでかんたんにクレマがのったコーヒーができあがる。もちろんこちらは無料です。カプセルは4つ用意されていた。フィジーウォーターはたしかナチュラルローソンで買ってきたやつ。デザインやサイズ感がよくてけっこう好き。

ネスプレッソ

こちらは洗面所とお風呂。

洗面所とお風呂

ゆったりした浴槽にオーバーヘッドシャワーもついている贅沢な仕様。朝起きて映画のワンシーンのように顔からオーバーヘッドシャワーを浴びるとなんだかやる気がみなぎってくる。頭の中をすっきりさせたい時なんかにもいいなと思った。ところでこのホテルを選んだ理由の一つとして立地がある。ちょうど日比谷と銀座の中間くらいに位置し、なかなか使い勝手がいい。新幹線だったので東京駅に着いてからそのまま徒歩で向かえる距離感もいいなと思った。チェックイン前だとしても荷物だけ預けてもらえるし、おしゃれなロビーフロアにはゆったりくつろげるソファなんかも用意されていて少し休憩をはさめるあたりもありがたい。またホテルを出るとすぐ地下鉄への入口もあり銀座線でちゃちゃっと渋谷まで行けちゃうのもめちゃくちゃ便利に感じた。ホテルから日比谷の方へ少し歩けば日比谷線にもさくっと乗れちゃうので六本木に行きたいときはこっちが楽ちん。また朝起きてそのまま皇居を散歩したり、夜は銀座で食事やショッピングを楽しんだり(そしてそのまま歩いてホテルに戻れる)とても利便性が高いホテルといえる。もちろん帰りの新幹線もキャリーケースを転がしながら歩いて東京駅まで向かえるのでスムーズに東京を楽しめた気がする。まあホテル選びはどこを拠点にするかでそのつど変わるが、銀座や日比谷を拠点にしたい人にはかなりおすすめだと思います。唯一欠点をあげるとすれば銀座線に乗るための地下鉄入口からホームまでけっこう歩かなきゃいけないところかな。思いのほか距離があり歩いてる最中に「これ1駅分くらい歩いてるんじゃね?」と感じてしまった。とはいえこれはホテルの欠点ではないのだが。まあ雨降りでも濡れずに渋谷まで行けるのは便利だけれど。

花粉症?前のページ

タリーズのハウスブレンド次のページタリーズ ハウスブレンド

最近の記事

  1. trolox(トロロックス)
  2. ホットコーヒー
  3. すぱじろうのたらことサーモンと千寿ねぎのすぱ
  4. 2022.09.14

    ボルダリング

PAGE TOP