麻布のスタバ

お出かけ

麻布のスタバで植物を眺めながらコーヒータイム

旅行中はいつも朝早くに目覚めてしまう。この日も5時には起きてしまい、髪を洗ったりヒゲを剃ったり6時にはもうすっかり外へ出れる準備が整っていた。とはいえ外はまだ薄暗く、お店なんてどこもやってやしない。しょうがなくホテルのデスクでブログを書いたり写真を取りこんだり、カメラを掃除したりして時間をつぶした。時計が7時をまわる頃にようやく外へと出る。まずはどこかでコーヒーを飲みたいなと思い、麻布の商店街にあるスタバへと入る。7時ちょい過ぎだというのに、もう店内には人がぽつぽつと入っていた。当たり前のようにSuicaで支払おうとすると、なんとSuicaは未対応とのこと。残念だけどしょうがない。財布から現金でお会計を済ませコーヒーを受け取って階段をのぼる。2階がけっこう混んでいたので3階まで上がり、ちょうど窓際の席が空いていたのでそちらに腰をおろす。窓の外にはテラス席も用意され、手すりの近くにはたくさんの植物が並べられていた。淡い緑色をした植物たちはどれも洗練されていてとてもお洒落である。中には紫色の花を咲かせた植物もあった。

3階には僕を含めて5人の客が朝のコーヒータイムを過ごしていた。みんなテーブルに向かって何かの勉強をしている。一人のサラリーマンはテーブルに突っ伏して眠っているようだった。そしてたまに起き上がってみては「はあ」とため息をつき、また眠る。相当お疲れのようだ。

コーヒーを飲みながらスマホで本の続きを読んでいると、ヘッドホンをつけた一人の外国人女性が入ってきた。彼女は迷うことなくテラス席の方へと進んでいき、ドアを開けて外へと出ていった。そしてテラス席の真ん中に座り、アイスコーヒーを飲みながらぼんやりと景色を眺めていた。外は5度くらいなのに寒くはないのだろうか?と思ったけど、よく見たらスポーツウェアっぽい格好だったのでたぶんランニングの後だったのかもしれない。冬の早朝でも走っているとやはり暖かくなるんだろうな。

店内にはヴィクトリーの「Open Your Eyes」が流れており、朝の澄んだ空気と時間にぴったりとハマっていた。勉強に集中している人が多いせいか、3階は静かな空間が醸成されている。ヴィクトリーの美しい歌声だけが、心地よく響きわたっていた。

GAZTAのバスクチーズケーキ白金のバスクチーズケーキ専門店「GAZTA(ガスタ)」前のページ

九十九ラーメン(恵比寿本店)で味噌チーズラーメンを食べる次のページ九十九ラーメンの味噌チーズラーメン

最近の記事

  1. trolox(トロロックス)
  2. ホットコーヒー
  3. すぱじろうのたらことサーモンと千寿ねぎのすぱ
  4. 2022.09.14

    ボルダリング

PAGE TOP