Safariのリーディングリスト

モバイル

iPhoneのSafariでオフラインや圏外の時でもWebページを見る方法

普段iPhoneを使っていると、たまにオフラインや圏外の時でもWebページを見たい場合があります。そんな時に役立つTipsをご紹介します。Safariのリーディングリストを使います。これ、かなり便利な機能です。

Safariのリーディングリスト

まずはiPhoneのSafariでオフライン時でも見たいページを開いたら、以下のアイコンをタップします。

Safariでオフライン時に見たいページを開く

続いて「リーディングリストに追加」と書かれたメガネのアイコンをタップして、今開いているページを追加します。

リーディングリストに追加

これでオフラインでも見ることができるページが保存されました。保存されたページにアクセスする場合は、以下のアイコンをタップして、

保存されたページにアクセス

画面上部にあるリーディングリスト(メガネのアイコン)を選択すれば、追加されたページリストをチェックできます。あとは見たいページをタップすればオフライン時でも見ることができます。

リーディングリストを選択

ちゃんとオフラインで見れるかどうか、試しに機内モードにしてみました。

機内モードで試す

そして、リーディングリストからアクセスしてみると。。。

リーディングリスト

ちゃんと目的のページが表示されました。

目的のページが表示

旅行中や出張中でオフラインになることを予め分かっている場合なんかには、前もってリーディングリストにたくさんの記事を追加しておけば、退屈しませんね。

ただし、たくさん追加すればその分iPhoneのストレージを使ってしまうので、そこだけ注意が必要です。

リーディングリストが使用しているストレージを確認する場合は、設定アプリから「一般」→「使用状況」→「ストレージを管理」→「Safari」の中にあるリーディングリストの項目で確認できます。

リーディングリストが使用しているストレージを確認

というわけで、iPhoneでネット接続できない時でもWebページを見ることができるSafariのリーディングリストの使い方でした。

関連記事

  1. iPhoneのSafariですべてのタブを閉じる

    モバイル

    iPhoneのSafariですべてのタブを一気に閉じる設定方法

    iPhoneでSafariを使っているといつの間にか大量のタブが溜まっ…

  2. iPhoneアプリの自動ダウンロード

    モバイル

    iPhoneアプリの自動ダウンロードをオン・オフ(有効・無効)にする設定方法

    iPhoneやiPadで自動ダウンロードをオンにしていると、例えばiP…

  3. LogoScopic Studio

    モバイル

    プロっぽいロゴを簡単に作成できるiPhoneアプリ「LogoScopic Studio」

    iPhoneやiPadで簡単にロゴを作成できるアプリ「LogoScop…

  4. 文章をドラッグ&ドロップで移動

    モバイル

    【iOS 11】選択した文章をドラッグ&ドロップで簡単に移動するやり方

    またまたiOS 11で便利な機能を発見したので紹介します。今まで文章を…

  5. 視力保護ブラウザ for iPhone

    モバイル

    ブルーライトをカットしてくれるiPhoneアプリ「視力保護ブラウザ for iPhone」

    スマホから発せられるブルーライトは目や身体に負担がかかると言われており…

最近の記事

  1. フレンチトーストや自家製ソーセージ
  2. ハレイワ スムージー
  3. クローバーで淹れたコーヒー
  4. 雪が降る日本海

アーカイブ

PAGE TOP