視力保護ブラウザ for iPhone

モバイル

ブルーライトをカットしてくれるiPhoneアプリ「視力保護ブラウザ for iPhone」

スマホから発せられるブルーライトは目や身体に負担がかかると言われており、これをカットするためのメガネや液晶フィルムが販売されていますが、今回はブルーライトをカットしてくれるiPhoneアプリ「視力保護ブラウザ for iPhone」をご紹介します。

アプリを使って気軽にカットできるので、目が疲れたときやベッドに入ってからスマホを見たいときなんかに活用してみてはいかがでしょうか?

視力保護ブラウザ for iPhone

アプリを起動するとこのようなブラウザが起動されます。黄色っぽいフィルターがかかっていますが、ブルーライトをカットしているので、このような色合いになっています。

ブラウザが起動

右下の歯車アイコンをタップすると設定項目が表示されます。

設定項目

明るさやブルーライトのカット量を調節できます。

明るさやブルーライトのカット量を調節

ブラウザなのでブックマークを追加することも可能です。

ブックマークを追加可能

ブラウザを使うときにブルーライトをカットしたい場合に便利

ブルーライトをカットしてくれる画面はこのアプリ内に限定されるので、基本的には目の負担を軽くしたいときにブラウザで何か調べたい場合に役立ちます。

アプリ以外のすべての画面でブルーライトをカットしたい場合、やはり今の段階では液晶フィルムを貼ったりするしか方法がなさそうですね。

とはいえ、フィルムを貼ると写真など正確な色をチェックしたいときには、いちいち剥がさないといけないのが難点です。

できればアプリや設定画面からブルーライトをカットしたいときだけ調節できると便利なんですけどね。仕事でほぼ毎日パソコンやスマホ画面を見ていると目の疲労が気になってきますからね。

そんなわけで、すべての画面に適用されるわけではありませんが、とりあえずブラウザを使うときだけでもブルーライトをカットしたいという方にはオススメです。

機能・使い方ともにとてもシンプルなので、夜はもちろん、日常的にも気軽に目を保護するにはピッタリのアプリです。

目の疲れから肩こりの原因にもなるといわれるブルーライト。スマホのブラウザでよく調べものする方は、ぜひ使われてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. HEIFからJPEGに戻す方法

    モバイル

    iOS 11の画像フォーマットをHEIFからJPEGに戻す方法

    iOS 11にアップデートした時に気になったのが静止画です。一般的に写…

  2. 3:2の比率で写真撮影できるOneCam

    モバイル

    iPhoneで3:2の比率で写真を撮影できるカメラアプリ「OneCam」

    iPhoneのカメラはデフォルトでは4:3(縦:横)の比率で写真撮影さ…

  3. iPhone画面が暗くならない設定方法

    モバイル

    iPhoneの画面が暗くならない(消えない)ようにする設定方法

    iPhoneでネットを楽しんでいる時やアプリに熱中している時、ちょっと…

  4. View Source
  5. iPhoneのSafariですべてのタブを閉じる

    モバイル

    iPhoneのSafariですべてのタブを一気に閉じる設定方法

    iPhoneでSafariを使っているといつの間にか大量のタブが溜まっ…

  6. モバイル

    iPhoneのSafariでPC(デスクトップ)表示にスマホ画面を切り替える方法

    iPhoneでwebページを閲覧するときに、スマホ版ではなくPC(デス…

最近の記事

  1. Soundcore Liberty Neo(第2世代)
  2. EH-NA0B
  3. KPS-88
  4. Happy Plugs AIR1
  5. cheero Stream 10000mAh

アーカイブ

PAGE TOP