WiFi接続のみ自動アップデート

モバイル

iPhoneの自動ダウンロード(アプリなど)をWiFi接続のみに設定する方法

iPhoneのアプリやミュージック、またはアプリのアップデートなどを自動でダウンロードする設定にしている方はたくさんいると思います。とはいえ、このダウンロードを自分が契約しているSIMの回線で通信されるとたまったもんじゃないですよね。そこで今回は自動ダウンロードをWiFi接続のみに設定する方法をご紹介します。

モバイルデータ通信をオフにする

まずは設定アプリを開いたら「iTunes & App Store」という項目をタップします。

自動ダウンロード内で有効にしてある項目が、自動ダウンロードされる対象になります。

で、その下に「モバイルデータ通信」という項目があるので、ここを「オフ」に設定します。これで、WiFi環境下のみ自動ダウンロードが実行されるようになりました。

モバイルデータ通信

ちょっとデフォルトの値がどっちだったか忘れちゃいましたが、これけっこう重要なポイントだと思うので、普段から通信量を気にしている方は、オフになっているか一度チェックしてみるのがいいかと思います。

というわけで、iPhoneの自動ダウンロードをWi-Fiに接続されたときだけ行うやり方についてのご紹介でした。

BIDEO.JS背景動画をフルスクリーンで表示させるJSライブラリ「BIDEO.JS」前のページ

文字カウンターつきのiPhoneメモ帳アプリ「文字数カウントメモ」が便利すぎる次のページ文字数カウントメモ

最近の記事

  1. クリスマスエスプレッソロースト
  2. シーザーチキン 石窯カンパーニュ
  3. スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R
  4. ポーレックスの手動ミル
  5. クリスマスブロンドロースト
PAGE TOP