Shazam for Mac

パソコン

周囲から流れる音楽の曲名を教えてくれるMac版の「Shazam」

iPhoneでよく利用していたアプリ「Shazam」のMac版を発見したので使ってみました。カフェやレストランなどでかかっている音楽の曲名を知りたい時にShazamを使えば、すぐにその曲名を教えてくれるのでとても便利です。Macで作業中ならいちいちポケットからiPhoneを取り出す必要もなく、その場で手軽に検索できるのがいいですね。

Apple Musicへダイレクトに移動できる

Shazam for Macは、周囲で流れる音楽をキャッチしてその曲名やアーティストを教えてくれる便利なMacアプリです。Shazamを立ち上げておけばバックグラウンドで動作するので、曲を検出するとすぐに曲名を見つけて通知します。

Shazamを起動するとMacの画面上部にあるメニューバーにShazamのアイコンが表示され、ここから簡単にON・OFFの切り替えが可能です。さらにShazam画面内の歯車アイコンから、Macを起動した時にShazamも同時に起動させるセッティングも行えます。ちなみに、Shazamを終了する場合もこの歯車アイコンから可能です。

検出した曲名はShazam画面内にズラズラと縦に並べられていきます。各曲名の右側にはApple Musicのボタンも設置されており、ここからApple Musicへダイレクトに移動できます。検出した日付や時間も表示されるので、「この曲はいつ聞いたものだろう?」なんて時に助かりますね。

iPhoneアプリではShazamのボタンを押して曲名を探す「手動さ」がありましたが、Mac版ではそういったことは必要なく、ただ起動しておけば「自動的に」見つけてくれます。なので、「この曲知りたい!」とスピードを求める場面ではiPhoneアプリからササッと探した方が効率的かもしれません。

Mac版は放っておけば勝手に周囲から流れている曲を次々に見つけてくるので、カフェやレストランなどで「なんかいい感じの曲がかかっているな〜」と感じた時に、Shazamを起動しておくと便利です。その時に流れていた曲をあとでじっくりプレイリストから選曲できるので、iPhone版とセットで使うと実用性はグッと高まるかと思います。

Shazam

no-image高性能なイメージビューアを実装できる「PhotoViewer」前のページ

スマホとの相性もいいシンプルながらもカスタマイズ性を備えたタッチ対応スライダー「jquery.touchSlider」次のページno-image

関連記事

  1. テキストエディットで検索する方法

    パソコン

    Macのテキストエディットで検索する方法

    Macにデフォルトでインストールされているテキストエディットで、特定の…

  2. パソコン

    Bywordでフォントサイズを変更(拡大・縮小)する設定方法

    Macアプリの美しいテキストエディタ「Byword」でフォントサイズを…

  3. パソコン

    MacのEvernoteで複数のノートを指定したノートブックに移動させるやり方

    Mac版のEvernoteで複数のノートを選択して自分が指定したノート…

  4. カーソルから左の文章を削除する

    パソコン

    Macのテキストエディットでカーソルの左側にある文章を一気に削減するショートカットキー

    MacのテキストエディットやEvernoteで文章を書いている時に、カ…

  5. Macでデスクトップを切り替えるショートカットキー

    パソコン

    Macでデスクトップ画面を簡単に切り替える(移動)ショートカットキー

    Macでデスクトップ画面を切り替える(移動)時によく使っているが3本指…

  6. Dockの表示・非表示を自動

    パソコン

    MacでDockの表示・非表示を自動にする設定方法

    MacでDockの表示・非表示を自動にする設定方法をメモしときます。今…

最近の記事

  1. ダミアン・ハースト 桜
  2. パッキングエリア
  3. あらびきソーセージパイ
  4. REACH フロス
PAGE TOP