設定の開き方

パソコン

Macのメモリ解放ソフト「Memory Clean」を使ってみた

Macのメモリが不足した時なんかに活躍してくれるメモリ解放ソフト「Memory Clean」をインストールしてみました。なんとなくここ最近、動作がモッサリしてきた感があるので、これをインストールしておけば少しは安心かと思います。重いソフトを終了しても中々メモリが解放されない時なんかに役立ちますね。

[ads_center]

Clean Memoryでメモリ解放

「Memory Clean」の使い方はとても簡単です。Memory Cleanを起動すると上部のメニューバーに現在の空き容量が表示されます。

Memory Cleanで空き容量確認

そのメニューバーをクリックすると、詳細の画面が表示されるので、そこにある「Clean Memory」というボタンをクリックすればOKです。とても簡単な操作で使いやすいかと思います。

メモリ解放

設定に関しては、上部のメニューバーを右クリックして、「Preferences」を選択します。

設定の開き方

こんな感じの設定画面が表示されます。

設定画面

ということで、メモリ解放ソフト「Memory Clean」のご紹介でした。

関連記事

  1. パソコン

    Macに入っているApacheでバーチャルホストを設定してみる

    Macには標準でApacheが入っているので、それを活用してバーチャル…

  2. パソコン

    Macの起動時にアプリケーションを復元させない方法

    Macの起動時にアプリケーションを復元させない方法です。アプリのウィン…

  3. Macで一括リネーム

    パソコン

    Macで画像などのファイル名を一括リネームするために「Automator」を使ってみる

    大量にある画像ファイルなどのファイル名を一括でリネームする必要があった…

  4. デベロッパーツールの表示方法

    パソコン

    MacのSafariでデベロッパーツール(Webインスペクタなど)を表示する方法

    普段はChromeをメインブラウザにしているんですが、ここ最近はSaf…

  5. Macのウィンドウサイズを縦横同じ比率で変更

    パソコン

    Macのウィンドウサイズで縦横を同じ比率のまま変更するやり方

    ちょっと便利だったのでメモしときます。Macのウィンドウサイズを変更す…

  6. 日本語入力と英字入力の切り替え

    パソコン

    MacのUSキーボードでcontrol + spaceの日本語入力と英字入力の切り替えをcomman…

    以前まではMacのUSキーボードの日本語入力と英字入力の切り替えは「c…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. M360bt
  2. BQ-CASE/1
  3. GLOO BOX

アーカイブ

PAGE TOP