EXIFPurge

パソコン

MacでExif情報をサクッと削減できるアプリ「EXIFPurge」

MacでiPhoneやデジカメで撮った写真に埋め込まれているExif情報をサクッと削減できる便利なアプリ「EXIFPurge」を使ってみたのでご紹介します。削減したい写真を選び保存場所を指定して、あとはボタンを押すだけで削減できるのでとってもお手軽です。

使い方

EXIFPurgeの使い方はとても簡単です。EXIFPurgeを起動させたら「Select Images」というボタンからExif情報を削減したい写真を選択します。

Select Images

次に「Save Images in」という項目にある「Select」ボタンをクリックして、保存場所を指定します。

Save Images in

最後に「Purge Exif Into」をクリックすれば完了です。

Purge Exif Into

これで指定した保存場所を見てみると、Exif情報が削減された写真が保存されています。

プレビューアプリの上部メニューから「ツール」→「インスペクタを表示」を選択してExif情報を確認してみると、こんな感じでちゃんと削減されているのがわかります。

Exif情報が削減

Photoshopのアクションを使って複数の画像のExifを自動で削除するやり方

とはいえ、わざわざExifを削減するためだけにPhotoshopを起動するのもなんだか気が引けるので、アプリを使って簡単に削減したいという方は、EXIFPurgeがオススメです。

Monthly.jsレスポンシブに対応したカレンダーを実装できる「Monthly.js」前のページ

インクをこぼしたようなエフェクトを実装できる「Ink Transition Effect」次のページInk Transition Effect

関連記事

  1. パソコン

    Macの画面右上に表示されているユーザー名を非表示にするやり方

    MacでOS X Lionにした時に画面右上のユーザー名が常に表示され…

  2. パソコン

    MacのFinderのサイドバーの使わない項目を非表示にする

    MacのFinderの中にはあまり必要ない項目があったりしますよね。人…

  3. パソコン

    Macのカレンダーアプリに日本の祝日を追加する設定方法

    Macのカレンダーアプリにはデフォルトでは日本の祝日が入っていません。…

  4. Macで一括リネーム

    パソコン

    Macで画像などのファイル名を一括リネームするために「Automator」を使ってみる

    大量にある画像ファイルなどのファイル名を一括でリネームする必要があった…

  5. パソコン

    MacのFinder内のファイルがうまく表示されない時にリフレッシュできる「Refresh find…

    MacのFinder内のファイルがうまく表示されない時やおかしい時にF…

  6. カーソルから左の文章を削除する

    パソコン

    Macのテキストエディットでカーソルの左側にある文章を一気に削減するショートカットキー

    MacのテキストエディットやEvernoteで文章を書いている時に、カ…

最近の記事

  1. スターバックス ハウスブレンド
  2. Anker PowerHouse 100
  3. ミニミニ温度計(シルバー)

アーカイブ

PAGE TOP