EXIFPurge

パソコン

MacでExif情報をサクッと削減できるアプリ「EXIFPurge」

MacでiPhoneやデジカメで撮った写真に埋め込まれているExif情報をサクッと削減できる便利なアプリ「EXIFPurge」を使ってみたのでご紹介します。削減したい写真を選び保存場所を指定して、あとはボタンを押すだけで削減できるのでとってもお手軽です。

使い方

EXIFPurgeの使い方はとても簡単です。EXIFPurgeを起動させたら「Select Images」というボタンからExif情報を削減したい写真を選択します。

Select Images

次に「Save Images in」という項目にある「Select」ボタンをクリックして、保存場所を指定します。

Save Images in

最後に「Purge Exif Into」をクリックすれば完了です。

Purge Exif Into

これで指定した保存場所を見てみると、Exif情報が削減された写真が保存されています。

プレビューアプリの上部メニューから「ツール」→「インスペクタを表示」を選択してExif情報を確認してみると、こんな感じでちゃんと削減されているのがわかります。

Exif情報が削減

Photoshopのアクションを使って複数の画像のExifを自動で削除するやり方

とはいえ、わざわざExifを削減するためだけにPhotoshopを起動するのもなんだか気が引けるので、アプリを使って簡単に削減したいという方は、EXIFPurgeがオススメです。

関連記事

  1. テキストエディットで標準サイズに戻すやり方

    パソコン

    Macのテキストエディットで文字サイズを標準に戻すショートカットキーのやり方

    Macで文字を書く時によく使っているアプリがテキストエディットです。テ…

  2. パソコン

    iPhotoの画像データの保存先フォルダの場所

    Macの画像管理アプリ「iPhoto」を使っていてちょっと気になったん…

  3. パソコン

    Macの定番ランチャーアプリ「Alfred」を使ってみた

    今さらながらMacの定番ランチャーアプリ「Alfred」を使ってみまし…

  4. パソコン

    MacのFinder内のファイルがうまく表示されない時にリフレッシュできる「Refresh find…

    MacのFinder内のファイルがうまく表示されない時やおかしい時にF…

  5. ImageXY

    パソコン

    Macで複数の画像を一括でリサイズできるアプリ「ImageXY」

    Macで複数の画像をワンクリックで一括リサイズできる超便利なアプリ「I…

  6. Dockの表示・非表示を自動

    パソコン

    MacでDockの表示・非表示を自動にする設定方法

    MacでDockの表示・非表示を自動にする設定方法をメモしときます。今…

最近の記事

  1. フレンチトーストや自家製ソーセージ
  2. ハレイワ スムージー
  3. クローバーで淹れたコーヒー
  4. 雪が降る日本海

アーカイブ

PAGE TOP