Photoshop

Photoshopで画像に楕円形ツールを使ってドロップシャドウをつけてみる

よくありそうな感じのドロップシャドウなんですが、画像の下部のセンター付近にシャドウのボリュームが寄っているようなドロップシャドウのやり方です。レイヤースタイルのドロップシャドウも手軽でいいんですが、こちらも手軽で色々と応用が効きそうな感じなのでアリかと思います。ということで以下やり方です。

[ads_center]

ドロップシャドウの作成手順

まずはドロップシャドウをつけたい画像を開きます。ちなみに写真は先日食べたザクロです。美味しかったです。

ドロップシャドウ手順

で、レイヤーパレットの背景レイヤーをダブルクリックして「背景」から「レイヤー 0」に変更します。

ドロップシャドウ手順1

続いて、上部メニューより「イメージ」→「カンバスサイズ」を選択して、カンバスサイズを広げます。ここでは130%くらいにしときます。

ドロップシャドウ手順2

次に上部メニューから「レイヤー」→「新規」→「レイヤー」で新規レイヤーを作成します。で、楕円形選択ツールを使って、画像の下に楕円形を作ります。

ドロップシャドウ手順3

そして、右クリックで「塗りつぶし」を選択して「ブラック」で塗りつぶします。

ドロップシャドウ手順4

塗りつぶしたレイヤーを背面にしたいので、上部メニューより「レイヤー」→「重ね順」→「背面へ」で背面に移動させて、選択している部分を解除します。そして、「フィルター」→「ぼかし(ガウス)」をクリックします。ここでは半径を4.5にしてみました。

ドロップシャドウ手順5

あとはレイヤーパネルの不透明度やドロップシャドウの位置なんかを調整して画像を統合すれば完成です。

ドロップシャドウ手順6

こんな感じでドロップシャドウをつけることができました。応用しだいで色んな形のドロップシャドウが作れそうですね。他にももっといいやり方があるかもしれませんが、とりあえず1つの方法として覚えておいて損はないかと思います。

関連記事

  1. Photoshopの色域選択

    Photoshop

    Photoshopの色域指定を使って特定の色の部分を補正するやり方

    写真を撮ったあと、例えば「桜の花の色だけをもっとピンクにしたい」「木々…

  2. 描画色と背景色を切り替える

    Photoshop

    Photoshopの白黒(描画色と背景色)を切り替えるショートカットキー

    Photoshopのブラシを使っているときに多用するのが、描画色と背景…

  3. Photoshopの「ぶれの軽減」

    Photoshop

    手ブレ写真を補正できるPhotoshopの「ぶれの軽減」がとても便利

    せっかくいい写真が撮れたのに等倍で見たら手ブレしていた……。なんてこと…

  4. Photoshopのブラシの読み込み方

    Photoshop

    Photoshopのブラシの読み込み方(.abrファイルの追加方法)について

    Photoshopにはデフォルトでもさまざまなブラシが入っていますが、…

  5. Photoshopのレイヤーオブジェクトを中央に配置

    Photoshop

    Photoshopのレイヤーオブジェクトを中央に配置させるやり方

    Photoshopのレイヤーオブジェクトを中央に配置させるやり方です。…

  6. Photoshopのブラシのサイズと硬さを変更するショートカットキー

    Photoshop

    Photoshopのブラシのサイズ(直径)と硬さを変更するショートカットキー

    Photoshopのブラシのサイズ(直径)と硬さを簡単に変更することが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. EH-NA0B
  2. KPS-88
  3. Happy Plugs AIR1
  4. cheero Stream 10000mAh
  5. BOSE HOME SPEAKER 300

アーカイブ

PAGE TOP