ストライプ-ボーダー

Photoshop

Photoshopで超簡単にストライプ(ボーダー)をサクっと作るやり方

完全に個人的なメモです。Photoshopでストライプってどうやって作るんだろうと色々試していたら、いい感じの機能を見つけたのでメモしときます。ハーフトーンパターンっていう機能なんですが、Photoshopの上部メニューから「フィルター」→「スケッチ」→「ハーフトーンパターン」で選択できます。これを使えば簡単にストライプができますね。以下やり方です。

ハーフトーンパターンの使い方

まずは描画色と背景色を選んでおきます。自分のストライプを作りたい色の組み合わせでOKです。

ハーフトーンパターン01

色を選んだら、Photoshopの上部メニューから「フィルター」→「スケッチ」→「ハーフトーンパターン」を選択します。

ハーフトーンパターン02

あとは各項目を設定していきます。一番下にあるパターンタイプに「線」を選びます。サイズは線の太さです。コントラストをあげると境目がはっきりします。

ハーフトーンパターン03

で、OKをクリックするとこんな感じにストライプができます。こちらは実際に作った画像です。

ハーフトーンパターン-ストライプ

サイズを小さくしてみるとこんな感じに。

ハーフトーンパターン-ストライプ02

とても簡単にできるので便利な機能ですね。

関連記事

  1. Photoshopの「ぶれの軽減」

    Photoshop

    手ブレ写真を補正できるPhotoshopの「ぶれの軽減」がとても便利

    せっかくいい写真が撮れたのに等倍で見たら手ブレしていた……。なんてこと…

  2. Photoshop

    Photoshopの鉛筆ツールを使って斜め線を引くやり方

    Photoshopで斜め線を簡単に引くやり方をメモしときます。簡単に書…

  3. Photoshopで画像をウィンドウサイズに合わせる

    Photoshop

    Photoshopで画像をウィンドウサイズにピッタリ合わせるやり方

    Photoshopで画像を開いている状態で、ウィンドウサイズぎりぎりま…

  4. Photoshop

    Photoshopで色域指定した部分を何度も調節できるようにするやり方

    Photoshopを使って写真のなかにある特定の色の部分だけを補正した…

  5. Photoshop

    Photoshopでレイヤースタイルを残したい場合は塗りの%を下げる

    Photoshopで、例えばレイヤースタイルだけを残してオブジェクトは…

  6. 色域指定でうまく選択されなかったときの対処方法

    Photoshop

    Photoshopの色域指定でうまく選択されなかったときの対処方法(なげなわツール)

    前回はPhotoshopで色域指定した部分を何度も調節できるようにする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP