ストライプ-ボーダー

Photoshop

Photoshopで超簡単にストライプ(ボーダー)をサクっと作るやり方

完全に個人的なメモです。Photoshopでストライプってどうやって作るんだろうと色々試していたら、いい感じの機能を見つけたのでメモしときます。ハーフトーンパターンっていう機能なんですが、Photoshopの上部メニューから「フィルター」→「スケッチ」→「ハーフトーンパターン」で選択できます。これを使えば簡単にストライプができますね。以下やり方です。

ハーフトーンパターンの使い方

まずは描画色と背景色を選んでおきます。自分のストライプを作りたい色の組み合わせでOKです。

ハーフトーンパターン01

色を選んだら、Photoshopの上部メニューから「フィルター」→「スケッチ」→「ハーフトーンパターン」を選択します。

ハーフトーンパターン02

あとは各項目を設定していきます。一番下にあるパターンタイプに「線」を選びます。サイズは線の太さです。コントラストをあげると境目がはっきりします。

ハーフトーンパターン03

で、OKをクリックするとこんな感じにストライプができます。こちらは実際に作った画像です。

ハーフトーンパターン-ストライプ

サイズを小さくしてみるとこんな感じに。

ハーフトーンパターン-ストライプ02

とても簡単にできるので便利な機能ですね。

jQueryプラグインのレスポンシブなカルーセルのスライダー「Elastislide」を使ってみた前のページ

jQueryの基本的なanimateメソッドを使って適当に遊んでみる次のページjQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

最近の記事

  1. ドリップコーヒー
  2. コールドブリューコーヒー
  3. カマキリ
  4. チキンサブジ
  5. trolox(トロロックス)
PAGE TOP