Photoshopで太陽光線を描くやり方

Photoshop

Photoshopで太陽光線を描くやり方

Photoshopで太陽光線を描けるようになれば色んなところで活用できそうだなーと思ったので色々と調べながらなんとかできたのでメモしときます。手順はとても簡単な上に色んなところで使えるので覚えておくと役立ちそうですね。

[ads_center]

手順

まずは目的の画像をPhotoshopで開いたら、新規レイヤーを作成して長方形選択ツールで複数の長方形の範囲を作成していきます。複数の長方形を選択する場合はshiftキーを押しながら選択します。

複数の長方形

次に、「レイヤー」→「新規塗りつぶしレイヤー」→「グラデーション」を選択します。

新規塗りつぶしレイヤー

スタイルは「線形」、角度は「0」にします。カラーは「白」から「白」、不透明度は「100%」から「0%」。

グラデーションで塗りつぶし

続いて、「編集」→「変形」→「遠近法」を選択して、右端の上下を縮めていきます。

遠近法

そして今度は「編集」→「変形」→「回転」を選択して、好きな角度に回転させます。この時、長方形の位置も同時に調整しておきます。ちなみに回転させる場合は四角い枠の外をドラッグし、位置を移動する場合は四角い枠の中をドラッグします。

回転させる

出来たら、次に「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選択します。

ぼかし(ガウス)

この時、ラスタライズするかどうか聞かれるので「OK」をクリックします。

で、半径を10pxくらいに指定します。

半径を10pxくらいに指定

最後に、作成したレイヤーを「オーバーレイ」にして、不透明度を10〜30%くらいに設定したら完成。

オーバーレイにする

太陽光線を描く前と後を見比べてみるとこんな感じです。

太陽光線

ここでは分かりやすいように少し強めに設定しましたが、うっすら見えるくらいに調整すると自然な感じでうまく仕上がりますね。

ということで、以上、Photoshopで太陽光線を描くやり方でした。

関連記事

  1. 100%の大きさにするショートカットキー

    Photoshop

    Photoshopで表示する画像サイズを100%の大きさにするショートカットキー

    Photoshopで画像を編集している時に100%の大きさで表示させた…

  2. Photoshop

    Photoshopで色域指定した部分を何度も調節できるようにするやり方

    Photoshopを使って写真のなかにある特定の色の部分だけを補正した…

  3. Photoshop

    Photoshopで画像に楕円形ツールを使ってドロップシャドウをつけてみる

    よくありそうな感じのドロップシャドウなんですが、画像の下部のセンター付…

  4. Photoshop

    Photoshopで文字や画像を斜めから見た遠近法のような感じにするやり方

    またPhotoshopで適当に遊んでたら結構使えそうな感じのやり方を見…

  5. 色域指定でうまく選択されなかったときの対処方法

    Photoshop

    Photoshopの色域指定でうまく選択されなかったときの対処方法(なげなわツール)

    前回はPhotoshopで色域指定した部分を何度も調節できるようにする…

  6. Photoshop

    Photoshopの塗りつぶしショートカットキー(描画色、背景色、白黒)

    Photoshopでよく使う機能「塗りつぶし」のショートカットキーにつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. iPhone 11 ProとApple Watch Hermès
  2. cheero Energy Plus mini Wireless 4400mAh
  3. cheero 2 port PD Charger
  4. 台座と紅葉
  5. ニルヴァーナ バターチキンカレー

アーカイブ

PAGE TOP