Photoshopの「かすみの除去」

Photoshop

PhotoshopのCamera Raw フィルターで「かすみの除去」を使ってみる

前回、Lightroomの「かすみの除去」を使いましたが、今回はPhotoshopで「かすみの除去」を使ってみました。Lightroomと同様、とても簡単に霞んだ風景写真をクッキリさせることができるので、写真好きの方は覚えておきたい機能の一つですね。

今回はJPEG画像で試しましたが、RAW画像でも使えます。

かすみの除去の使い方

まずはPhotoshopで霞みを除去したい画像を開いたら、上部メニューの「フィルター」から「Camera Raw フィルター」を選択します。ショートカットキー(Macの場合)は「shift + command + A」です。

Camera Raw フィルターを選択

Camera Rawの画面が表示されるので、そのなかの右側にある「効果」のアイコンをクリックします。このなかに「かすみの除去」という項目が入っています。

かすみの除去

スライドを右へ移動させるとかすみを除去して、左へ移動させるとかすみが加わります。ここでは右へ移動させてかすみを除去しました。

かすみを除去する

全体的に色が鮮やかになり、コントラストも強くなりました。霞んで少し印象が薄かった山の姿がクッキリしました。

できあがったら右下にあるOKボタンをクリックすれば完成です。

ちなみにCamera Raw フィルターを適用する場合、再度やり直しができるようにスマートオブジェクトに変換しておくと便利です。

レイヤーパネルの右側にあるアイコンをクリックすると、

レイヤーパネルの右側にあるアイコン

「スマートオブジェクトに変換」という項目が表示されるので、これをクリックします。

スマートオブジェクトに変換

この状態で先ほどのかすみの除去を適用すると、このようなレイヤーになります。

かすみの除去適用後のレイヤー

これで、かすみ除去の値を再度調節したくなったら、Camera Raw フィルターという部分をダブルクリックすると、Camera Rawの画面が表示されます。

Camera Raw フィルター

Camera Raw フィルターを何度も調整したいときに活用したい機能です。

というわけで、以上、PhotoshopのCamera Raw フィルターにある「かすみの除去」の使い方でした。LightroomよりPhotoshopを使う機会が多い方には、うれしい機能ですね。

関連記事

  1. Photoshop

    Photoshopの塗りつぶしショートカットキー(描画色、背景色、白黒)

    Photoshopでよく使う機能「塗りつぶし」のショートカットキーにつ…

  2. Photoshopのブラシの読み込み方

    Photoshop

    Photoshopのブラシの読み込み方(.abrファイルの追加方法)について

    Photoshopにはデフォルトでもさまざまなブラシが入っていますが、…

  3. Photoshop

    Photoshopで古びた羊皮紙に書かれた地図イメージの作り方

    手元にある素材が、得に何の特徴もなく面白みがない。でも、特別な素材の画…

  4. PhotoshopのアクションでExifを削除

    Photoshop

    Photoshopのアクションを使って複数の画像のExifを自動で削除するやり方

    カメラで撮った写真をブログやSNSにアップするときにExif情報を削除…

  5. 100%の大きさにするショートカットキー

    Photoshop

    Photoshopで表示する画像サイズを100%の大きさにするショートカットキー

    Photoshopで画像を編集している時に100%の大きさで表示させた…

  6. 虹彩絞りぼかし

    Photoshop

    Photoshopのぼかしギャラリー「虹彩絞りぼかし」の使い方

    前回、Photoshopのぼかしギャラリー「フィールドぼかし」の使い方…

最近の記事

  1. s9+
  2. SRS-LSR200
  3. QC30
  4. リンツ リンドール

アーカイブ

PAGE TOP