Photoshop

Photoshopで色域指定した部分を何度も調節できるようにするやり方

Photoshopを使って写真のなかにある特定の色の部分だけを補正したいときに役立つ機能が色域指定です。手軽に選択範囲をつくることができるのでとても便利なのですが、そのまますぐに調整レイヤーをかけてしまうと、再度同じ部分を調整するときにまた選択範囲をつくらなければなりません。

これだとめんどくさいので、今回は色域指定した部分を何度でも調節できるようにするやり方をご紹介します。

新規グループを作成してレイヤーマスクを追加する

まずは上部メニューにある選択範囲から色域指定を選択します。

色域指定を選択

色域指定の設定画面が表示されます。写真の部分にカーソルを持っていくとカーソルがスポイトのマークになるので、このまま変更したい色の部分をクリックします。

白黒のプレビュー画面から選択された色域をチェックすることができます。

白黒のプレビュー画面

白い部分が選択されたところで、黒い部分が選択されていないところです。

また、許容量で指定した色域を調整できるので、ここで自分の狙いどおりの近い値に調整します。

許容量で指定した色域を調整

できたらOKボタンをクリックします。こんな感じで特定の色域が選択されました。

特定の色域部分が選択

そして、この選択した領域を何度でも調節できるようにするために、新規グループを作成します。

新規グループを作成

続いてレイヤーマスクを追加します。

レイヤーマスクを追加

これで、作成したグループに先ほどの色域指定した部分が適用されました。あとはこのまま調整レイヤーをかけていけばOKです。

試しにトーンカーブで明るさを調節してみます。

トーンカーブ

続いて自然な彩度で調節。

自然な彩度

このように、このグループに入る調整レイヤーはすべて色域指定された部分だけにしか適用されないのでとても便利です。

グループに入る調整レイヤー

というわけで、Photoshopで色域指定した部分を何度でも調節したい、またはやり直ししたいという方は、ぜひ試してみてください。

カメリオ好きなテーマやキーワードから情報収集できるiPhoneアプリ「カメリオ」前のページ

立体的でカッコいいアニメーションのタグクラウド実装「SVG 3D Tag Cloud jQuery Plugin」次のページSVG 3D Tag Cloud jQuery Plugin

関連記事

  1. Photoshopのブラシの読み込み方

    Photoshop

    Photoshopのブラシの読み込み方(.abrファイルの追加方法)について

    Photoshopにはデフォルトでもさまざまなブラシが入っていますが、…

  2. Photoshop

    Photoshopで文字や画像を斜めから見た遠近法のような感じにするやり方

    またPhotoshopで適当に遊んでたら結構使えそうな感じのやり方を見…

  3. Photoshop

    Photoshopで範囲を選択する時に中心から範囲を指定するやり方

    備忘録です。Photoshopで選択範囲を指定する時に中心を基点にして…

  4. Photoshop

    Photoshopで画像を閉じる際に保存するダイアログを簡単に処理する方法

    Photoshopを使用している時に作業が終了して「commandキー…

  5. 100%の大きさにするショートカットキー

    Photoshop

    Photoshopで表示する画像サイズを100%の大きさにするショートカットキー

    Photoshopで画像を編集している時に100%の大きさで表示させた…

  6. Photoshop

    Photoshopで三角形を多角形選択ツールを使って描いてみる

    Photoshopで三角形ってどうやって描くんだろうといろいろ試行錯誤…

最近の記事

  1. サーモンアボカドサラダラップとドリップ
  2. 猿田彦フレンチ
  3. Zarigani Curry 挽肉のカレー ゴーダチーズとピクルスを添えて
  4. ビジネスホテル
  5. ドリップコーヒー

アーカイブ

PAGE TOP