Photoshop

Photoshopで空を簡単に青く晴れた感じにするやり方

とりあえず簡単にできたのメモしときます。Photoshopで空をとても簡単に青く晴れたようにするやり方です。外に出て風景の写真なんかを撮影して、なんとなく空がもうちょっと青かったらなーなんていう時ってありますよね。そういった時にサクっと調整できるので覚えておくと便利です。

[ads_center]

やり方

まずは右側のパネルから「色相・彩度」を選択します。

色相・彩度を選択

上の方にある「マスター」をクリックして「ブルー系」を選択します。

マスターからブルー系へ

そして、彩度を上げて、明度を若干下げます。

彩度と明度を調整

これで、出来上がった画像と見比べてみるとこんな感じになります。

出来上がりの画像

だいぶ空が青くなりました。彩度や明度を調整したい場所は「ブルー系」以外にもレッド、イエロー、グリーンなどいくつかあるので目的に応じて変えることで色々と応用できそうですね。

以上、空を簡単に青くするやり方でした。

参考サイト

関連記事

  1. Photoshop

    Photoshopのクリッピングマスクを使って写真を文字の形で切り抜くやり方

    とても簡単に出来たのでメモがてらやり方をご紹介。Photoshopのク…

  2. Photoshopのブラシのサイズと硬さを変更するショートカットキー

    Photoshop

    Photoshopのブラシのサイズ(直径)と硬さを変更するショートカットキー

    Photoshopのブラシのサイズ(直径)と硬さを簡単に変更することが…

  3. Photoshop

    Photoshopで写真画像のExif情報を削除するやり方

    写真画像をインターネット上にアップロードする時に気をつけたいのがExi…

  4. Photoshopの「特定色域の選択」

    Photoshop

    Photoshopの「特定色域の選択」を使って空を青くするやり方

    Photoshopの「特定色域の選択」がとても便利だったのでメモがてら…

  5. Photoshopで画像をウィンドウサイズに合わせる

    Photoshop

    Photoshopで画像をウィンドウサイズにピッタリ合わせるやり方

    Photoshopで画像を開いている状態で、ウィンドウサイズぎりぎりま…

  6. Photoshop

    Photoshopの鉛筆ツールを使って斜め線を引くやり方

    Photoshopで斜め線を簡単に引くやり方をメモしときます。簡単に書…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. s9+
  2. SRS-LSR200
  3. QC30
  4. リンツ リンドール

アーカイブ

PAGE TOP