Lightroom

Lightroomでファイルの書き出し(保存)場所を設定変更するやり方

Lightroomでファイルを書き出す(保存する)際に、書き出し場所を設定変更するやり方です。自分が書き出すフォルダを指定しておくと、知らない場所にファイルが散らばってしまうといったこともなくなるので管理もしやすいかと思います。個人的にはサブフォルダーを活用するとわかりやすくていい感じです。

[ads_center]

フォルダーを選択

書き出しの設定画面で「書き出し場所」という項目の中から「フォルダー」を指定していきます。右側に「選択…」というボタンがあるのでそれをクリックして書き出しフォルダを指定します。

書き出しフォルダを指定

これで自分の好きな場所にファイルを書き出すことができるようになりました。個人的には、ここで大もととなるフォルダを決めてから、今度はサブフォルダーを設定していきます。

「サブフォルダーに保存」にチェックを入れてフォルダ名を入力します。

サブフォルダーに保存

あとは画面右下から書き出しボタンをクリックすれば完了です。自分が指定した場所の中に先程作成したサブフォルダーが入っているはずです。この中に書き出した画像ファイルが入っています。綺麗に整理されるので管理もしやすくなります。

こんな感じで、サブフォルダーが作成されました。

サブフォルダーが作成

ということで、以上、Lightroomでファイルの書き出し場所を設定変更するやり方でした。

Dreamweaverでルール間に空白行を入れる設定DreamweaverでCSSをコードフォーマットした時にルール間に空白行を入れる設定方法前のページ

Lightroomで基本的なトーンカーブの使い方次のページLightroomのトーンカーブの使い方

関連記事

  1. Lightroom

    Lightroomで現像時にセカンドディスプレイを表示させるショートカット

    Lightroomで現像時にセカンドディスプレイを表示させるショートカ…

  2. Lightroomで画像の傾きを補正

    Lightroom

    Lightroomで画像の傾きの角度を補正するやり方

    Lightroomで画像の傾きの角度を補正するやり方をご紹介します。せ…

  3. Lightroomの画像の数

    Lightroom

    Lightroomのライブラリ内に表示されている画像の数を変更するやり方

    Lightroomのライブラリモジュール内にはサムネイル画像が表示され…

  4. Lightroom

    【Lightroom】スナップショットを活用して1つの画像から様々なパターンの現像設定を保存する

    Lightroomで現像設定をしている時に、1枚の画像から自分の気に入…

  5. Lightroomのトーンカーブの補正パターン

    Lightroom

    Lightroomでトーンカーブの色々な補正パターンについて

    前回はLightroomの基本的なトーンカーブの使い方を書いたんですが…

  6. スポット修正ツールのぼかし設定

    Lightroom

    Lightroomのスポット修正ツールはぼかしを使うといい感じ

    Lightroomのスポット修正ツールはRAW現像時に気になる部分をサ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. オータムスイートポテトフラペチーノ
  2. 紅葉
  3. ナノケア EH-NA0E
  4. スターバックス コロンビア サンタンデール

アーカイブ

PAGE TOP