「ディスクから削減」と「除去」の違い

Lightroom

Lightroomで「ディスクから削減」と「除去」の違い

Lightroomで写真を選別している時によく迷ってしまうのが「ディスクから削減」と「除去」の違い。覚えている時はいいんですけど、たまにど忘れしてしまって「どっちだったけ?」ってなることが多いです。

元データを削減するかカタログからのみ削減するか

写真を削減する場合はライブラリモジュールで削減したい写真を選択して右クリックから「写真を削減…」を選択します。またはdeleteキー(Macの場合)を押します。(Windowsの場合はBackspaceキーです。)

すると「選択したマスター写真をディスクから削除しますか、またはLightroom からのみ除去しますか?」というメッセージが表示されます。

その下には「削減すると、ファイルが Finder のゴミ箱に移動し、Lightroom から削減されます。」と書かれています。

両者の違いを簡単に説明すると、カタログから削減すると共に元データも一緒に削減するか、もしくはカタログ内からだけ削減するかのどちらかになります。

「ディスクから削減」で元データも削減され、「除去」でカタログからのみ削減されます。

ちなみにアドビの公式ページには次のように書かれています。

  • 除去 写真をカタログから除去しますが、「ごみ箱」(Windows)または「ゴミ箱」(Mac OS)には送りません。
  • ディスクから削除 写真をカタログから除去し、「ごみ箱」(Windows)または「ゴミ箱」(Mac OS)に送ります。

Lightroom ヘルプ | 写真の管理

というわけで、手っ取り早く元データごと削減したい場合は「ディスクから削減」を選択して、とりあえず元データは残したままにしてカタログ内から削減する場合は「除去」を選択すればOKです。

関連記事

  1. Lightroom

    Lightroomで特定の色だけを鮮やかにしたりそれ以外をモノクロ(白黒)にするやり方

    Lightroomで特定の色だけを鮮やかにしたりするやり方です。具体的…

  2. ライブラリと現像モジュールを切り替える

    Lightroom

    Lightroomでライブラリと現像モジュールを素早く切り替えるためのショートカットキー

    Lightroomでとっても便利なショートカットキーを今更ながら知った…

  3. Lightroom

    Lightroomの現像設定を複数の画像に適用させる(同期)やり方

    前回の「Lightroomの現像で設定した値をコピーして他の画像にペー…

  4. Lightroomのユーザープリセット保存場所

    Lightroom

    Lightroom(Mac版)でユーザープリセットのファイルの保存場所

    Lightroomで自分が作成したユーザープリセットのファイルが保存さ…

  5. Lightroom

    Lightroomで色収差を除去しても取り除けなかった偽色を補正する

    先日、Lightroomで色収差を除去するやり方をご紹介しましたが、今…

  6. Lightroom

    Lightroomで現像時にセカンドディスプレイを表示させるショートカット

    Lightroomで現像時にセカンドディスプレイを表示させるショートカ…

最近の記事

  1. M32ミニ
  2. CITTA TT5.0
  3. Kindle Oasis
  4. OWL-WDDESK01

アーカイブ

PAGE TOP