Lightroom

【Lightroom】スナップショットを活用して1つの画像から様々なパターンの現像設定を保存する

Lightroomで現像設定をしている時に、1枚の画像から自分の気に入ったパターンが複数出来上がった場合にはスナップショットで各設定値を保存することができます。スナップショットには名前も付けれるので、あとで違うバージョンを現像する時なんかにも役立ちますね。

[ads_center]

使い方

使い方はとても簡単です。画像を開いた(現像)状態で、画面の左メニューに「スナップショット」という項目があるので、その横にある「+」をクリックします。

スナップショットの隣の「+」をクリック

どんな設定をしたのかわかりやすいように名前をつけておきます。すると、スナップショットという項目の下に先程の設定が保存されます。

スナップショットに保存

こんな感じでたくさんのバージョンをスナップショットに保存しておくととても便利ですね。

たくさんのバージョンを保存

というわけで、Lightroomのスナップショットの活用についてのメモでした。

ImageXYMacで複数の画像を一括でリサイズできるアプリ「ImageXY」前のページ

Mac版のClearがついに登場したのでさっそく使ってみた!次のページ

最近の記事

  1. trolox(トロロックス)
  2. ホットコーヒー
  3. すぱじろうのたらことサーモンと千寿ねぎのすぱ
  4. 2022.09.14

    ボルダリング

PAGE TOP