Lightroom

【Lightroom】スナップショットを活用して1つの画像から様々なパターンの現像設定を保存する

Lightroomで現像設定をしている時に、1枚の画像から自分の気に入ったパターンが複数出来上がった場合にはスナップショットで各設定値を保存することができます。スナップショットには名前も付けれるので、あとで違うバージョンを現像する時なんかにも役立ちますね。

[ads_center]

使い方

使い方はとても簡単です。画像を開いた(現像)状態で、画面の左メニューに「スナップショット」という項目があるので、その横にある「+」をクリックします。

スナップショットの隣の「+」をクリック

どんな設定をしたのかわかりやすいように名前をつけておきます。すると、スナップショットという項目の下に先程の設定が保存されます。

スナップショットに保存

こんな感じでたくさんのバージョンをスナップショットに保存しておくととても便利ですね。

たくさんのバージョンを保存

というわけで、Lightroomのスナップショットの活用についてのメモでした。

関連記事

  1. 水平・垂直に引く段階フィルター

    Lightroom

    Lightroomの段階フィルターで水平・垂直に線を引く方法

    何気にけっこう使う機会が多そうだったので記録として。Lightroom…

  2. 「ディスクから削減」と「除去」の違い

    Lightroom

    Lightroomで「ディスクから削減」と「除去」の違い

    Lightroomで写真を選別している時によく迷ってしまうのが「ディス…

  3. Lightroomの周辺光量調整

    Lightroom

    Lightroomの周辺光量調整で画面の四隅を補正する

    一眼レフで写真を撮っていると、たまに写真の四隅が暗くなったりすることが…

  4. Lightroomのトーンカーブの補正パターン

    Lightroom

    Lightroomでトーンカーブの色々な補正パターンについて

    前回はLightroomの基本的なトーンカーブの使い方を書いたんですが…

  5. Lightroomのユーザープリセット保存場所

    Lightroom

    Lightroom(Mac版)でユーザープリセットのファイルの保存場所

    Lightroomで自分が作成したユーザープリセットのファイルが保存さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フレンチトーストや自家製ソーセージ
  2. ハレイワ スムージー
  3. クローバーで淹れたコーヒー
  4. 雪が降る日本海

アーカイブ

PAGE TOP