Lightroom

【Lightroom】スナップショットを活用して1つの画像から様々なパターンの現像設定を保存する

Lightroomで現像設定をしている時に、1枚の画像から自分の気に入ったパターンが複数出来上がった場合にはスナップショットで各設定値を保存することができます。スナップショットには名前も付けれるので、あとで違うバージョンを現像する時なんかにも役立ちますね。

[ads_center]

使い方

使い方はとても簡単です。画像を開いた(現像)状態で、画面の左メニューに「スナップショット」という項目があるので、その横にある「+」をクリックします。

スナップショットの隣の「+」をクリック

どんな設定をしたのかわかりやすいように名前をつけておきます。すると、スナップショットという項目の下に先程の設定が保存されます。

スナップショットに保存

こんな感じでたくさんのバージョンをスナップショットに保存しておくととても便利ですね。

たくさんのバージョンを保存

というわけで、Lightroomのスナップショットの活用についてのメモでした。

関連記事

  1. Lightroom

    Lightroomで現像時にセカンドディスプレイを表示させるショートカット

    Lightroomで現像時にセカンドディスプレイを表示させるショートカ…

  2. ライブラリと現像モジュールを切り替える

    Lightroom

    Lightroomでライブラリと現像モジュールを素早く切り替えるためのショートカットキー

    Lightroomでとっても便利なショートカットキーを今更ながら知った…

  3. Lightroomでファイル名を変更

    Lightroom

    Lightroomで書き出しする際にファイル名の付け方を変更する設定方法

    Lightroomで画像を補正した後にファイルを書き出しますが、その際…

  4. Lightroomで色収差を除去するやり方

    Lightroom

    Lightroomで色収差を除去するやり方

    Lightroomで色収差を除去するやり方をメモしときます。色収差(い…

  5. Lightroomのトーンカーブの補正パターン

    Lightroom

    Lightroomでトーンカーブの色々な補正パターンについて

    前回はLightroomの基本的なトーンカーブの使い方を書いたんですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ミノン メン 薬用全身シャンプー
  2. ウェアラブルヒーター ネック

アーカイブ

PAGE TOP