Lightroomの明暗別色補正

Lightroom

Lightroomの明暗別色補正でハイライトとシャドウに色をつける

Lightroomの明暗別色補正を使って画像のハイライトとシャドウの部分に色をつけるやり方をメモがてらご紹介します。これを使うと画像に色んな味を出すことができるので使っていてとても楽しいです。表現の幅も広がりそうなので覚えておくとよさそう。

[ads_center]

使い方

現像モジュールで、右側にある明暗別色補正パネルから設定できます。

明暗別色補正パネルから設定

まずはハイライトの彩度を上げていきます。

彩度を上げる

すると、ハイライトの部分に赤い色がつきます。

赤い色がついた

色相を変えることで、違う色にすることもできます。

色相を変えることで色が変わる

同じようにシャドウも設定していきます。

シャドウも設定

最後に、ハイライトとシャドウの「バランス」を調整すれば完了です。

バランスを調整

こんな感じで、画像の印象をガラっと変えることができちゃいます。色んな表現が出来るので面白いですね。

写真の印象を変えることができる

というわけで、Lightroomの明暗別色補正でハイライトとシャドウに色をつけるやり方でした。

Photoshopの鉛筆ツールを使って斜め線を引くやり方前のページ

WordPressで投稿スラッグを指定して特定の記事だけを表示させる関数を作ってみた次のページWordPressのログイン時のツールバー

最近の記事

  1. ジェットストリーム
  2. タンザニア ルブマ
  3. ドリップコーヒー
  4. コールドブリューコーヒー
  5. カマキリ
PAGE TOP