Lightroom

Lightroomで発色や色合いをDPPのピクチャースタイルに近づけるにはカメラキャリブレーションのプロファイルを変更すればよさそう

最近はLightroomとDPPの二つのソフトをメインに現像しているのですが、その時によく思うのが、画像を読み込んだ際のLightroomとDPPの発色や色合いがかなり異なることです。やはりピクチャースタイルが対応しているDPPの方が撮影した時の実際の状況に近い色を再現しているような気がするので、Lightroomでもそれに近い色を選択するやり方をご紹介します。

[ads_center]

カメラキャリブレーションのプロファイルを選択

やり方はとても簡単です。現像モジュールで、カメラキャリブレーションのパネル内にあるプロファイルを変更するだけです。ちなみにデフォルトでは「Adobe Standard」になっています。

カメラキャリブレーションのプロファイル

ここでは「Camera Landscape」を選択してみました。これはピクチャースタイルでいうところの「風景」にあたります。

Camera Landscapeを選択

実際にどのくらい発色や色合いが変わったのかを比較してみると、こんな感じです。

比較

左が「Adobe Standard」で、右が「Camera Landscape」です。かなり発色が変わりましたね。「Camera Landscape」以外にも、他のピクチャースタイルに近いプロファイルがあるので、自分が指定したいピクチャースタイルをLightroomでも合わせたい場合にはとても便利です。

僕は風景写真なんかはDPPでよく「風景」を選択することが多いので、Lightroomで現像する時もそれに合わせたい場合には「Camera Landscape」を指定するようにしています。

ということで、LightroomでもDPPのピクチャースタイルの発色に近づけるやり方のご紹介でした。

関連記事

  1. Lightroomのユーザープリセット保存場所

    Lightroom

    Lightroom(Mac版)でユーザープリセットのファイルの保存場所

    Lightroomで自分が作成したユーザープリセットのファイルが保存さ…

  2. Lightroomの新規プリセット作成

    Lightroom

    Lightroomで新規の現像プリセット(ユーザープリセット)を作成する方法

    Lightroomの現像プリセットには、デフォルトで色んな種類が入って…

  3. Lightroom

    Lightroomの透かしを編集して著作権を表示させるやり方

    LightroomでRAW画像をJPEGなどで書き出す際に指定した位置…

  4. Lightroomのクイック現像

    Lightroom

    Lightroomのクイック現像を使えば複数の画像を同時に一括補正することができる

    Lightroomのクイック現像がとても便利だったので使い方をメモしと…

  5. Lightroom

    【Lightroom】スナップショットを活用して1つの画像から様々なパターンの現像設定を保存する

    Lightroomで現像設定をしている時に、1枚の画像から自分の気に入…

  6. Lightroomの周辺光量調整

    Lightroom

    Lightroomの周辺光量調整で画面の四隅を補正する

    一眼レフで写真を撮っていると、たまに写真の四隅が暗くなったりすることが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. M360bt

アーカイブ

PAGE TOP