ペーストしてスタイルを合わせる

アプリ

MacのNumbersで文字ペースト時にプレーンテキストにするショートカット

MacのNumbersをはじめてまともに使い始めた。今まで表計算ソフトはExcelだったけど、せっかくMacやiPhoneを活用しているのだから、ソフトもApple製の方が何かと相性がいいのではないかと思い、iPhone 11 Proの購入をきっかけに乗り換えてみた。

さっそく作成したい表があり今も作っている最中なんだけど、Evernoteからテキストをコピペしたらなぜかそのスタイルのまま貼り付けられてしまった。これには「さすがにEvernoteのスタイルを引き継がなくてもいいよお」と困惑した。

そういえばEvernoteでもコピー元のスタイルのままペーストされることがあったっけ。たしか「shift + command + V」を入力すればプレーンテキストになったはず。これはもしかしてNumbersでも同じショートカットが用意されているに違いないとすかさず試してみたところ、ダメでした。これじゃなかったみたい……。

しょうがなく上部メニューをいろいろチェックしてみると、「編集」の中に「ペーストしてスタイルを合わせる」という項目を発見した。これだ!と思い、目的のテキストをコピーしておいた状態でその項目をクリック。ようやくプレーンテキストの状態で貼り付けられた。ふう。

もちろんこちらにもショートカットが用意されていて「option + shift + command + V」がそれだ。なんだか少しややこしくて忘れそう。でもこのショートカットはNumbersを使用するうえで多用すると思うので、ここでしっかり覚えておかなきゃな……。

というわけで、忘れないためにも備忘録がてら記事にしてみました。まともに使うのが初めてなNumbersだが、基本的にはExcel感覚で使えるので今のところ大きな問題はない(まあ簡単なことしかしてないからだけど)。

iCloud DriveやDropboxにデータを上げておけばiPhoneでもほかのMacでも閲覧や編集ができるのでとっても便利だ。なによりハードとソフトをAppleで統一できるのはすっきりして気分がいい。とりあえずこの調子で目的の表完成に向けて作業を進めてゆきたい。

淡いミントのような色合いが美しい「iPhone 11 Proシリコーンケース ベリル」前のページ

サクサク感がクセになる「赤いなつめ」次のページ赤いなつめ

関連記事

  1. アプリ

    Lightroom CCで「元画像の状態にリセット」と「開いた時の状態にリセット」の違い

    MacのLightroom CCで写真を編集しているときに「元(オリジ…

  2. 1Password 7

    アプリ

    パスワードを管理できる定番アプリのMac版「1Password 7」

    今さらながら定番ともいえるパスワード管理アプリ「1Password 7…

  3. Olli

    アプリ

    撮った写真を手書き風のイラストに仕上げてくれるiPhoneアプリ「Olli」

    話題のiPhoneアプリ「Olli」を使ってみました。撮影した写真や動…

  4. アプリ

    Reeder 4で右左スワイプからPocketに保存するやり方

    けっこう前にReederというRSSリーダーアプリがバージョン4にアッ…

  5. スティッキーズ

    アプリ

    画面に付箋を貼る感覚で使えるMac標準アプリ「スティッキーズ」

    Macで作業しているときに画面内に付箋のようなものにちょっとしたメモ書…

  6. スクリーンショット

最近の記事

  1. TR153
  2. cheero Flat 10000mAh with Power Delivery 18W CHE-112
  3. SV-S251
  4. スラウェシ トラジャ

アーカイブ

PAGE TOP