WordPressでグーグルアナリティクスをフッターにadd_actionを使って表示させる

WordPressにはadd_actionという便利な関数があります。これを使えば例えばヘッダーやフッターに挿入したいスクリプトやファイルを読み込ませるためのコードなんかも表示させることができちゃいます。条件分岐なども使えば表示するページによってファイルを読み込むコードを変えたりするといったこともできるので活用するしかないかと。その他にもメリットとしてテーマファイルにゴチャゴチャ書き込まなくてもいいので管理もしやすいんじゃないかと思ったりもします。ということで今回はフッターにグーグルアナリティクスのコードをadd_actionを使って挿入してみます。

add_actionの使い方

こんな感じで書きます

<?php add_action(フックするアクション名, 呼び出す関数名); ?>

フックするアクション名は例えばヘッダーにフックさせたい場合はwp_headを指定します。フッターにフックさせたいならwp_footerを指定します。呼び出す関数名には自分が使いたい関数を指定します。以下フッターにアナリティクスを挿入させるコードです

//アナリティクス
function analytics() {
$ga =  <<<ANALYTICS
<script type="text/javascript">
  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', '自分のアナリティクスのコード']);
  _gaq.push(['_trackPageview']);
  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();
</script>
ANALYTICS;
echo $ga;
}
add_action('wp_footer', 'analytics');

アナリティクスを吐き出す関数を作って、それをwp_footerにフックさせます。自分のアナリティクスのコードとはUAから始まる自分のコードがあるのでそれを入れて下さい。これをfunctions.phpに追加すればフッターにアナリティクスのコードが表示されていると思います。ちなみに表示させるには</body>の直前にwp_footer();を入れてないと吐き出さないので注意です。

ちなみに自分がログイン中の時はアナリティクスのコードを出力させないようにするやり方もあるのでこちらも合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

Archives