iPhoneの人気のカメラアプリ「プロカメラ」がすごくよかったのでその基本的な使い方

iPhoneアプリで人気の高いカメラアプリ「プロカメラ」を使ってみました。便利で面白い機能も色々揃っているのでとても使い易いアプリですね!何より日本語が完全対応している点も人気の高い要素の一つになっているのではないかなと思います。ということで以下自分が気に入った機能などをメモがてらご紹介。

便利な機能の使い方色々

1. カメラ撮りの補助機能がとてもいい

カメラで撮影する際に撮影の手助けをしてくれる機能がとても便利です。カメラが立ち上がっている状態で、右下にあるアイコンをタップすると、そのメニューが表示されます。

プロカメラ 使い方01

個人的に気に入ったのはグリッドと水準器です。特に水準器はバランスよく撮りたい場合なんかに重宝しますね。こんな感じで、綺麗に水平に撮ることごできます。

プロカメラ 使い方02

セルフタイマーもついており、10秒からカウントダウンしていきます。

プロカメラ 使い方03

撮影に関しては基本的にカメラ、ビデオ、QRコードを撮ることができます。

2. 画像加工で、簡単に編集できる

撮影した画像はアルバムから選択して編集することができます。

プロカメラ 使い方04

右下のアイコンをタップすると、メニューが表示されます。

プロカメラ 使い方05

PRO LAB、PRO CUT、PRO FXの3種類があります。以下簡単な解説です。

PRO LAB

明るさコントラストなどを調整できます。右側に並んでいる各アイコンをタップすると、調整スライダーが表示されるので指でスライドさせながら数値を調整していきます。

プロカメラ 使い方06

どれも簡単な機能ばかりなので初心者にも優しいですね。

PRO CUT

こちらでは画像を好きなサイズにカットすることができます。同じく右側にある各項目のアイコンをタップすることで編集していくことができます。横×縦の比率や画像の角度を変えたりといったこともできます。これは結構使いそうな感じです。

プロカメラ 使い方07

PRO FX

フィルタをかけることができます。種類もたくさんあるので、いい感じですね。

プロカメラ 使い方08

3. 編集した画像を各サービスにアップロードできる

最後に、出来上がった画像は各種サービスで共有したりアップロードすることができます。左下のアイコンから選択します。

プロカメラ 使い方09

共有の中からは以下のサービスにアップロードすることができます。

  • Facebook
  • フリッカー
  • Dropbox
  • Twitter

設定から各サービスにログインすることでアップロードすることができます。

まとめ

こんな感じで、カメラ撮りから画像編集、アップロードまで一連の操作をこのアプリ一つで完結することができちゃいます。複雑な操作がほとんどないですし、日本語も対応していることから、個人的にはとても気に入ったアプリでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

Archives