Chromeの最初の画面(新規タブ)をアプリ一覧にする設定方法

New Tab Redirect

Chromeで新規タブを開いた時などに表示される最初の画面をアプリ一覧にしたかったので、その方法をご紹介します。以前までは普通にアプリ一覧が最初に表示されていたんですが、いつの間にか違う画面になっていましたね。頻繁にアプリにアクセスする必要がある方は、アプリ一覧を最初に表示できるように設定しておくといいかと思います。

New Tab Redirectという拡張機能を使う

やり方は簡単です。ChromeのNew Tab Redirectという拡張機能を使って設定していきます。

Chrome ウェブストア - New Tab Redirect

インストールしたら、拡張機能の設定画面に行き、New Tab Redirectのオプションをクリックします。

New Tab Redirectのオプション

リダイレクト先にChromeのアプリ一覧のURL「chrome://apps/」を入力して、「Save」をクリックして保存します。

リダイレクト先を設定

これでChromeの新規タブを開いてみると、以下のようにアプリ一覧画面が表示されるようになります。

アプリ一覧

他にも応用次第でいろんなリダイレクト先を設定することが可能なので、自分の使いやすい画面にカスタマイズしておくと、ちょっとした作業効率もアップしそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives