依存関係のないタグ付け機能を実装できる「taggle.js」

no-image

taggle.jsは依存関係のないタグ付け機能を実装できるのが特徴です。taggle.jsを使用することでフォーム内にタグフィールドを作成し、ユーザーからの入力を簡単にするほか制限付きで許可することも可能です。

taggle.js

デモ

フォーム内に文字を入力してEnterキーを押すと、その入力した文字がタグとして追加されます。削減する場合はdeleteキーを使うか、もしくは削減したいタグにホバーするとバツ印が表示されるので、そこをクリックすると目的のタグを消すことができます。

そのほか、あらかじめ特定のタグを表示させておくことができたり、同じタグを入力した時にアラートのアクションを実行させたり、オートコンプリート機能を実装したりと、さまざまな機能が用意されています。

オプションもかなり豊富で、additionalTagClasses、allowDuplicates、preserveCase、saveOnBlur、clearOnBlur、duplicateTagClass、containerFocusClass、focusInputOnContainerClick、hiddenInputName……など、ほかにもいろんな項目が用意されています。

taggle.js

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

Archives