レスポンシブに対応している軽量のjQueryスライダー「Unslider」

とても軽量でレスポンシブにも対応しているjQueryスライダー「Unslider」がよさそうだったのでメモしときます。マークアップも使い方もとてもシンプルだし、約3KBという軽さが魅力的ですね。スライドのスピードやキーボード操作もオプションで設定することができます。

使い方

レスポンシブということで、実際にブラウザサイズを変更して確認してみました。以下は通常時↓

Unsliderをブラウザで確認

ブラウザサイズを縮小↓

レスポンシブに対応

ちゃんとレスポンシブに対応されていますね。ということで、以下、使い方です。

jQueryとプラグインを読み込みます。

<script src="//code.jquery.com/jquery-latest.min.js"></script>
<script src="//unslider.com/unslider.min.js"></script>

HTMLをマークアップしてきます。余分なマークアップは一切なく、シンプルに以下のように記述できます。

<div class="banner">
    <ul>
        <li>slide1</li>
        <li>slide2</li>
        <li>slide3</li>
    </ul>
</div>

スライダーに必要なCSSも追加しておきます。

.banner {
    position: relative;
    overflow: auto;
}

.banner li {
    list-style: none;
}
.banner ul li {
    float: left;
}

あとはUnsliderをセットするだけです。

$(function() {
    $('.banner').unslider();
});

オプション

オプションを指定する場合は以下のように指定します。

$('.banner').unslider({
    speed: 500, // スピード
    delay: 3000, // スライド間隔
    complete: function() {},// スライドアニメーション後のコールバック関数
    keys: true, // キーボード操作
    dots: true, // ナビゲーション
    fluid: false // レスポンシブデザイン
});

必要最低限の機能もちゃんと揃っていますね。自分でちょっとしたカスタマイズをしたい場合には便利です。

ということで、レスポンシブに対応している軽量のjQueryスライダー「Unslider」の使い方でした。ダウンロードや詳しい内容に関しては以下の公式サイトをご確認ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives